【きものクリーニングって必要?】着物のお手入れ方法まとめ

【きものクリーニングって必要?】着物のお手入れ方法まとめ

着物には専用のクリーニング方法「きものクリーニング」があることをご存知ですか?
着物をお手入れするためには、通常のクリーニングを行うことはできません。
正しいお手入れ方法を知っておかないと、大切な着物がダメになってしまいます。
丁寧に着物を扱えるように、着物のお手入れ方法を身に付けておくべきでしょう。
しかし、きものクリーニングの料金は、店舗によって料金に違いがあります。
今回は、きものクリーニングの必要性と着物のお手入れ方法についてご紹介していきます。

きものクリーニングって何?

きものクリーニングは、通常のクリーニングでは落とせない汚れをキレイに落とすためのクリーニングです。
「クリーニングなんてどこも一緒でしょ?」「安い方がお得よね!」
そう考えてしまう方もいますが、高価な素材を使っている和服だと、通常のクリーニング店はおすすめできません。
きものクリーニングは基本的な作業は同じですが、店舗によってクリーニング方法はそれぞれ異なります。
安いクリーニング店を利用する場合は、複数の着物を同時に洗うことがほとんどですので、汚れがしっかりと落ちないということがあります。
最悪の場合、一緒に洗濯した着物の汚れや色落ちが移ってしまい、くすみの残ったように汚れがこびりついてしまうでしょう。
そんな状況を避けたいのであれば、呉服販売店や着物専用のクリーニング店を使うのがベストです。
着物を雑に扱わず、一着ずつ丁寧に洗ってくれるので、しっかりと汚れを落としてくれることでしょう。
自分では取れなかった汚れを丁寧に落とし、汚れのない清潔な状態の着物にしてくれるのは、嬉しいですよね。
着物をよく使う方はもちろんのこと、久しぶりに着物を着ようと思ったら汚れていたという方にもぴったりです。

着物のお手入れ・収納方法

着物を着用して脱ぐときには、汗による湿気を素材が吸い込んでいるので、風通しの良い部屋でしわにならないように陰干しをしてください。
シミや汚れが付着していることがありますので、衿や袖口などは念入りにチェックした方が良いでしょう。
目立つような汚れがあるなら、きものクリーニングに持っていくことをおすすめします。
着物をたたむときには、正しいたたみ方でしわが残らないようにしておきましょう。
たたんだ着物は文庫紙に包み込み、丁寧に収納してください。
紋付の和服なら、紋の場所は色移りしやすいので、和紙を挟むことがポイントになります。
着物を収納するなら、湿気の影響が少ない部分に収納します。タンスに収納するなら、上段の引き出しを使い、着物専用の防虫剤を入れてください。
着物には直接あたらないようにして、タンスの両端に防虫剤を入れることが大切です。
また、年に2回程度は虫干しをすることも意識しておきましょう。害虫やカビを防ぐために、天気の良い日は風通しの良い場所で、着物を乾燥させておきましょう。
着物だけでなく、引き出しやタンスにも、風を通して乾燥させることが重要です。
正しいお手入れ・収納方法を押さえておくことで、着物の見た目はもちろんのこと、汚れや痛みを少なくしましょう。

きものクリーニングと正しいお手入れ方法を押さえよう

きものクリーニングと正しいお手入れ方法を押さえよう

着物は通常のクリーニングでは、キレイに汚れを落とすことが難しいです。
しっかりと汚れを落とすためには、きものクリーニングを使うのが一番ですね!
もちろんクリーニングだけではなく、正しいお手入れ方法を押さえることが大切です。
また、正しいお手入れ方法を覚えるのなら、収納方法も一緒に知っておくことをおすすめします。
正しい着物の取り扱いを覚えるためにも、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

TOPへ戻る

一から学べる無料体験講座。花京都きもの学院

東京の教室人気ランキング
大阪の教室人気ランキング

着付け教室に関する基礎知識

着付け教室の選び方

掲載教室一覧