大手とその他の着付け教室の違い

大人の女性を中心に、近年注目を集めているのが「着付け教室」です。和の文化に触れられる習い事の中でも、「日常生活に活かしやすい技術が習得できる!」ということで、幅広い年代の方から人気を博しています。このような流れを受けて、着付け教室を開講する業者も増加傾向にあり、「着付けを学びたい!」と考える方にとっては、非常に良い環境が整ってきていると言えるでしょう。

「着付けが学べる」のが着付け教室の特徴ですが、選ぶ教室によって、実は多くの違いがあります。自分の目的に合う教室を見つけるためにも、ぜひ教室ごとの違いについても考慮してみてください。今回は、大手が経営する着付け教室と個人経営の着付け教室の違いと、それぞれをオススメしたいタイプについて解説していきます。

大手着付け教室

大手着付け教室

着付け教室の中で、もっとも目にする機会が多いのが、大手企業が運営する着付け教室です。新聞広告やインターネット広告でも、大々的に宣伝を打ち出しており、各種メディアで目にする機会も多いことでしょう。

実際に「着付け教室に通ってみようかな?」と思うきっかけも、この「大手教室の宣伝だった」と語る方も少なくありません。和服の世界や着付けについて、世の中に広く知らしめる役割も担っています。

さて、そんな大手着付け教室には、以下のような特徴が備わっているケースが多いようです。

  • ・駅から近い場所で教室が開講されている
  • ・開講されている教室数が多い
  • ・受講料無料のところもある

大々的に宣伝を打ち出している大手の着付け教室では、できるだけ広範囲からより多くの受講生を集める必要があります。このため、人が集まりやすい駅近くに教室を構えていたり、さまざまなエリアで教室を行っていたりするケースが多いです。

自分の生活県内で着付け教室を探したい!と思ったときにも、大手の着付け教室であれば見つかる可能性も高いでしょう。

また、他社との競争に打ち勝つために、受講料を非常に低く抑えたレッスンプランを提供するところも増えてきています。「受講料無料の着付け教室」なんて宣伝文句を目にしたことがある方も多いはずです。

初心者にとって、この「受講料無料」は非常に魅力的なキーワードで、「無料なら挑戦してみようかな」と思うのも当然のこと。しかしこの「無料」は、大手の着付け教室だからこそ実践できる「受講生集めの方法」であるということも、忘れてはいけません。

受講料を無料にしても儲けを出せるからくりには、以下のようなパターンが当てはまります。

  • ・無料レッスンだけでは必要な技術力は身につかず、結局有料レッスンへと移行する
  • ・レッスン料を無料にする代わりに、用品販売などで儲けを出す

もちろんこれらは、着付け教室を運営していくための、大手ならではの戦略の一つです。「無料だから」と安易に考えるのではなく、「なぜ無料でレッスンを開講できるのか」「どこまでが無料で、自分が求めているレベルに合致しているのか」についても、しっかりと検討することが大切です。

とはいえ大手の教室では、講師陣の質も一定に保たれている可能性が高いですし、これまでに多くの受講生に教えてきたノウハウもあります。体系的に、効率の良い学びができる可能性も高いでしょう。

メリット・デメリットを踏まえた上で、大手の着付け教室が向いているのは以下のようなタイプの方々です。

  • ・とにかく一度、着付けの世界を覗いてみたい
  • ・仕事の帰りに、アクセスの良い場所で着付けを習いたい
  • ・土日を中心に通いたい
  • このような希望を持っている場合、大手の着付け教室を選ぶことで、理想の学びスタイルを手に入れることができるでしょう。

    着物・呉服店が行う着付け教室

    着物・呉服店が行う着付け教室

    着付け教室の中には、着物・呉服を扱う商店が行っているタイプもあります。街中の店舗でひっそりと教室が開講されているケースも多く、大手の教室と比較すると「目立たない存在」と言えるのかもしれません。

    着物・呉服店にとって、「和服を購入する人が減少している」というのは、生活に関わる大問題です。とはいえ、「自分で着られない衣服」に対して、「こだわりを持って選びたい」と思う方が少ないのは当然のこと。

    和服に関する知識を深め、着物に関する技術を習得することで、着物・呉服店のアピールをするというのが、こちらの着付け教室の目的となります。具体的に、こちらのタイプの着付け教室の特徴は以下のとおりです。

    • ・着物・呉服店の一角を使って開講されている
    • ・比較的低料金で受講できるケースが多い
    • ・積極的な宣伝をしていないことも

    着物・呉服店が着付け教室を行う目的は、「着物を着られるようになって、着物の世界により一層の関心を抱いてもらう」ということ。このため、教室運営で積極的に儲けようとはしておらず、比較的低料金で着付けを学ぶことができるケースも多いです。できるだけリーズナブルに着付けを習いたい方にとっては、メリットの大きいスタイルだと言えるでしょう。

    しかし一方で、教室を宣伝しようとすれば費用もかかりますから、店舗の一部を使って、ごくひっそりと開講されているケースも多く、「見つけるのが難しい」というデメリットもあります。また、あくまでもメインは着物・呉服店の経営ですから、大手よりもレッスンスケジュールの調整が難しいことも考えられます。

    着物・呉服店では、新たな商品をオススメするため、現在の流行を意識したレッスンが行われるケースも多く、生きた知識を身につけやすいとも言えます。

    このような特徴を踏まえて、着物・呉服店による着付け教室が向いているタイプは以下のとおりです。

    • ・できるだけリーズナブルに着付け教室に通いたい
    • ・教室を探す手間を厭わない
    • ・教室のスケジュールに合わせて受講できる環境にある

    メリットも大きいタイプの着付け教室ですが、問題は「探し方」と「スケジュール調整」にあります。こうしたデメリットをクリアできるのであれば、非常にオススメの教室となります。

    個人経営の着付け教室

    個人経営の着付け教室

    着付け教室のタイプ、最後の一つは個人経営です。個人で開講されている比較的こぢんまりとした教室で、アットホームな雰囲気が魅力の一つです。

    個人経営の着付け教室で講師を担当しているのは、着付けの技術を身につけ、それを他者にも教えたいと思っている方。もともと講師をしていた方だけではなく、近年は大手の教室で学び、講師課程を修了することでノウハウを身につけ、独立開業する方も増えてきています。

    個人経営の着付け教室の特徴は以下のとおりです。

    • ・アットホームな雰囲気の中、少人数で学べる
    • ・講師の質のばらつきが大きい
    • ・受講料の幅も大きい

    講師の自宅を使って開講されているケースも多いので、非常にアットホームな雰囲気の中でレッスンを受けられます。希望すれば、マンツーマンレッスンに応じてくれる教室も少なくありません。

    ただし個人がレッスンを担当しているため、教え方に差があるのも事実です。受講料も個人の自由で決定されていますから、大手と同等のところもあれば、非常に低い価格のところもあります。

    こうした個人経営タイプが向いているのは以下のような方々です。

    • ・大手の画一的な雰囲気が苦手
    • ・ゆっくり自分のペースで学びたい
    • ・学びたい内容だけを、ピンポイントで教えて欲しい

    自分のペースを大切にして、レッスンのオーダーメイドができるのが個人経営タイプの魅力でもあります。とはいえ、講師の対応力にも差がありますから、自分の目的を叶えられる教室を、より慎重に決定する必要があります。

    まとめ

    大手、着物・呉服店、個人経営と、着付け教室が増えている分、その種類も幅広くなってきています。どのタイプにもメリット・デメリットもありますから、自分の目的に合致しやすい教室を選ぶことが重要です。

    また、同じ「大手着付け教室」に分類されていても、教室によってルールやその雰囲気は大きく異なってきます。教室選びで悩んだときには、タイプを限定せず、いくつかの教室を実際に訪れ、レッスンの様子を自分の目で確認してみるのもオススメの方法です。理想の教室を見つけやすくなるでしょう。

TOPへ戻る

一から学べる無料体験講座。花京都きもの学院

東京の教室人気ランキング
大阪の教室人気ランキング

着付け教室に関する基礎知識

着付け教室の選び方

掲載教室一覧