男女で違う着物の着方

和服は、日本で昔から親しまれてきた衣服です。昔の人は常に和服を身につけて生活していましたが、今では洋服へと変化してきています。和服といえば、「特別なシチュエーションにおいて、特別なオシャレとして身につけるもの」というイメージも強くなっていますよね。

振袖や浴衣など、女性の華やかな装いに目を奪われることも多いですが、男性の和装姿もシックで大人っぽく、素敵なものです。今後は男女ともに、和装をより一層楽しむ方も増えていくのかもしれません。

そんな和服の着方についてですが、実は男性の着方と女性の着方では、意外と違うポイントも多いということをご存知ですか? 男女別の着物の着方とその違いについて、わかりやすく解説していきます。着物のマナーについて迷ったときには、ぜひ参考にしてみてください。

男性の着方のポイント

男性の着方のポイント

まずは男性の着物の着方についてです。着物を着慣れていない人が着付けに挑戦するときに、まず悩みがちなのが「どちらの襟を上にするのか」というポイントです。着物を着る前の襟の合わせ方は「右前」という言葉で表現されています。

これはつまり、「右側の襟を先に入れる」ということを意味しています。つまり、実際に「上」に位置するのは左側の襟ということになります。「右前」と聞くと「右が上なの?」とイメージしてしまう方も多いと思いますが、これは誤解です。

よく知られていますが、襟の合わせ方を左右で間違えると、死者に着付ける方法となってしまうので十分に注意しましょう。右利きの人にとっては、「利き手を先に動かす」と覚えておくと失敗しません。

男性が和服を着るときには、まず「襦袢」と呼ばれる下着を身につけます。丈の長さに応じて「半襦袢」と「長襦袢」があり、気温に合わせて調整することができます。この襦袢には襟元に「半襟」という部分が付けられており、着物を着たときに、チラリと中から覗くように作られています。

襟の合わせ方は、首に沿うようにして位置を決めます。のどのあたりで交差させるのが普通ですが、男性の場合は少し深めに設定しても良いでしょう。よりこなれた印象に仕上がります。

襦袢の上に長着と呼ばれる着物を着たら、腰のところを帯で巻いて完成です。帯を巻く位置が上になり過ぎないよう注意してください。ウエストではなく、腰骨のところに巻くのが正解です。使われる帯や締め方は、女性と比較すると至ってシンプルです。初心者でも習得しやすく、コツさえつかんでしまえばそれほど難しくありません。

また男性の和装における「正装」といえば、袴です。袴には、中がスカートのようになっている「行灯」と、ズボンのようになっている「馬乗り」という二つのタイプが存在しています。行灯袴は足元が楽で、馬乗り袴には動きやすいという特徴があります。着物に袴を合わせるときには、これら二つのタイプから好みや用途に合わせて選ぶことになります。

男性の和装姿では、袴と羽織を使って、装いのランクを決定しています。「着物のみ」のスタイルがもっともカジュアルなスタイルで、そこに「羽織」を組み合わせることで、ほんの少しよそ行きになります。袴を合わせた姿は比較的オフィシャルなもので、「袴と羽織を合わせた衣装」がもっともかしこまったスタイルとなっています。着付けをする際には、こうしたマナーにも注意して、丁寧に仕上げる必要があるでしょう。

女性の着方のポイント

女性の着方のポイント

次は、女性の和服の着方についてです。まずは男性同様気になるのが「襟」についてですが、女性も男性と同じく「右前」が基本です。先ほども説明した通り、右の襟を先に入れること、つまり左の襟が上にくる状態が正しいスタイルとなっています。

着物を着る前には襦袢を着る点も、男性と同じです。しかしこのとき、襟はのどのくぼみのところか、それよりも1センチ下程度で合わせることを意識し、また首の後ろに指3~4本分の隙間を作るようにセットします。これは男性にはない、女性ならではの着付けの特徴だと言えるでしょう。

襦袢の位置が決まったら、腰ひもを使って固定しましょう。その上から伊達締めをして、端を処理します。

着物を着たら、裾の位置と襟を合わせます。男性の和服にはない、女性ならではの特徴として「おはしょり」が挙げられます。これは、裾を合わせたときに、着物の余分な部分を腰のあたりでたくし上げた部分を言います。

このおはしょりの底を綺麗に整えて、美しく見せることが、女性の着付けならではの特徴の一つと言えるでしょう。おはしょりをきれいに整えたら、上から伊達締めをすれば、着物姿は完成します。

女性の着付けにおける最後の行程として挙げられるのが、「帯結び」です。こちらも男性にはない女性ならではの特徴の一つとなっています。

女性の和装姿は、帯をどのように結ぶのかによって、その印象がガラリと変わってきます。これこそが、和装を楽しむ最大の醍醐味と言っても良いでしょう。「お太鼓結び」「文庫結び」などは、基本の結び方と言われていて、身につけておいて損はありません。あらゆる着物に合わせて、幅広く楽しめることでしょう。

これ以外にも、「立て矢結び」や「花結び」など、華やかな印象を振りまく帯の締め方は多数あります。これらの結び方は、「振袖を着用したときのため」など、用途が限られていることもあり、正しい知識を身につけた上で、マナーを守って挑戦するのがオススメです。

初心者向けの着付け教室では、初歩的な帯の結び方しか教えてもらえないようなケースも少なくありませんが、上級コースに進むにつれて、徐々に多くの知識やスキルを身につけていけます。自分で自分に着物を着付けるための「自装」をメインに学ぶ場合、どのような結び方を学べるのかをリサーチした上で、着付け教室を選択するのも良いでしょう。

男性の着物にはない、女性の着物ならではの魅力を知ることができます。

共通する着方のマナー

共通する着方のマナー

着物の着付けは、男女それぞれで異なるポイントも多いもの。しかし一方で、両者で変わらないポイントも多数あります。たとえば着物の下に襦袢を身につけることや襟元のルールは、男女共に適用されます。着付けの基礎知識として、ぜひ頭に入れておいてください。

特に襟元のルールについては、西洋風の装いと同じように考えて、「男女で合わせ方が違うのでは?」と誤解している方も少なくありません。実際にはそのようなことはありませんから、人から見たときに、相手から「y」の字になるように意識して、着付けを行ってみてください。

着物をより美しく着たいなら、基礎知識は必須

着付けを学ぶときには、「知識」よりも「技術」を身につけたい!と気持ちが焦る方も少なくありません。確かに、着物に関する知識だけを身につけても、実際に着物を着られるわけではありません。「より、実生活に活かせる学びを」と考えるときには、「実際に着物を着られるようになる技術」の方に意識が向いてしまうのは、仕方がないことなのかもしれませんね。

しかし技術ばかりに目を向けていても、「着物を美しく着る」というのは難しいのが現実です。男女共に、和装姿をより美しく見せるためには、きちんとした基礎知識を身につけることが、まずは大切だと言えます。

基礎知識は、単純に「座学」として教えられても、本当の意味で記憶に残すのは難しいかもしれません。着物の世界には専門用語も多いですから。混乱してしまうこともあるでしょう。このような場合には、「技術」の習得と合わせて「知識」の獲得を行っていくのがオススメです。

実際に手や頭、体を動かしながら、昔から伝わっている知識やマナーの一つ一つを理解し、実践していくことで、着付けスキルの向上に役立ってくれることでしょう。

着物の着方における男女の違いについては、「これまで知らなかった」「意識したことがなかった!」なんて感じる方も多いはずです。着付け教室に通い、一から着付けを覚えていく際には、このような普段見落としてしまいがちな基礎知識にも目を向けて、きっちりと習得していくことになります。着付けについて真剣に学んでみたいなと思ったときには、ぜひチェックしてみてくださいね。

TOPへ戻る

一から学べる無料体験講座。花京都きもの学院

東京の教室人気ランキング
大阪の教室人気ランキング

着付け教室に関する基礎知識

着付け教室の選び方

掲載教室一覧