着付け教室ではどんな資格が取得できる?

「着物を自分で着られるようになりたい」という気持ちがきっかけになり、着付け教室に通い始める方は、決して少なくありません。そして着付け教室に通うことで、より深い興味を抱き、「もっと専門的に学べたら」と考え始める方も多いものです。

着付け教室に通えば、着付けに関する資格を取得することができますし、メリットもたくさんあります。着付け教室に通うことで取得できる資格には、いったいどのようなものがあるのでしょうか。その資格を取得するとどのようなことができるようになるのかも含めて、わかりやすく解説していきます。

着付け教室で取得できる資格

着付け教室で取得できる資格

まずは着付け教室で取得できる資格についてです。着付け教室にもさまざまな種類があり、どの教室に通うのかによって、取得できる資格は変わってきます。以下は、着付け教室に通うことで取得できる資格の例となります。

  • ・着付け講師
  • ・きものコンサルタント
  • ・きもの講師資格
  • ・着装講師
  • ・きものアドバイザー

着付け教室では、それぞれの教室で学べる内容を元に、独自の講師資格を発行するケースが多いもの。だからこそこのように、さまざまなネーミングの着付け資格が存在しています。

名前は異なりますが、これらの資格は、概ね「その着付け教室において、既定のカリキュラムを習得し、講師として活躍するための技能・知識を習得している」ことを示すためのもの。教室認定講師を名乗るためには、これらの資格が必須となります。

また着付け講師の資格には、段階が設置されているケースも多いです。「三級・二級・一級」「初級・中級・上級」などのレベルが設定されており、教室に通い続けて徐々に知識・技術を高めることで、より高いランクの資格を得られる仕組みとなっています。

もっとも初心者向けのレベルでは「自分で着物を着られるレベル」で、中級になると「人に着物を着付けられるレベル」となります。

「着付け講師」として教室を開講するほか、「着付け師」として活躍したいということであれば、もっとも高いレベルの資格を取得する必要があるでしょう。その分豊富な知識と確かな技術を身につけられますから、着付けのプロとして活動できる可能性も高まるはずです。

どのようなコースで学ぶことで、どのレベルの資格を取得できるのかなど、その詳細は教室によって異なります。資格を取得する目的で着付け教室に通いたいと思ったときには、事前にその内容や、資格取得までにかかる期間や費用についても、しっかりと確かめておく必要があります。

自分が学びたい内容と取得できる資格の内容がリンクしている教室を選ぶことで、満足度も高まることでしょう。

資格があると出来ることは?

資格があると出来ることは?

着物に興味・関心を抱いている方にとって、「着付け教室で着付けを学ぶ」ということは、非常に魅力的なもの。「好きなことを学んだうえに、資格も取得できる」となれば、より一層思いも高まることでしょう。

とはいえ「着物」を「仕事」につなげていきたいと思うのであれば、「資格を取得することで、どのような道が開けるのか」について、事前にチェックしておく必要もあります。

着物に関する資格は、通う着付け教室によって、その名前も内容も異なるもの。自分の目的に合った資格を発行してくれる教室を選ぶことが、目標達成までの最短ルートとなるはずです。

着付けに関する資格を取得した際に出来ることの例は、以下のとおりです。

  • ・着付け教室の「講師」として働く
  • ・自宅などで、着付け教室を開講できる
  • ・プロの着付け師として活動できる
  • ・着物に関連する企業への就職が有利になる

着付け教室で講師として働くためには、その教室が認めるレベルをクリアする必要があります。資格取得を最低条件として掲げるスクールも多いので、教室で働きたいと思ったときには、積極的に挑戦することをオススメします。

また「教室で働く」という選択肢以外でも、自分自身の教室を持ち、独立するという方法もあります。個人向けの着付け教室であれば、自宅のスペースを解放して対応することもできるでしょう。自分のスケジュールに合わせて仕事ができるというメリットもあります。

近年は「もっと身近なところで着付けを学びたい」と思う方も増えていますから、「自分らしく仕事をしたい」と思ったときにもオススメの方法です。実際に、卒業生の中に自分の教室を開講した人が多ければ、そうした可能性も高まるでしょう。

見た目が華やかな着物は、近年「お出かけ着」としてだけではなく、「海外に向けて和の魅力を発信できる衣服」としても注目されています。ショーなどで扱われるケースも増えており、その裏には確かな腕を持つ着付け師の活躍が必要不可欠となります。このような場所で活躍する着付け師は、非常に華やかな職種だと言えます。

またこれ以外にも、着物に関連する企業は数多く存在しています。着物業界以外にも、ウエディング業界や貸衣装業界は、特に着付け師が活躍できる業界となります。着付けに関する資格を保有していれば、就職活動の際に有利に働いてくれるはずです。

着付けの資格は、自身の着付けに関する知識た技術を客観的に証明するためのもの。目的に合わせて上手に活用することで、自分の道を切り開いていけることでしょう。

着付け技能士とは

着付け技能士とは

各スクールが発行する独自資格の他に、着物の世界には「着付け技能士」という国家資格が存在しています。民間資格の場合、「スクールによって技能や知識に差がある」ということもあり得ますが、「着付け技能士」の場合、このような差は存在しません。全ての人が同一の試験を受け、その技能や知識の習得度を試すことになります。

着付け技能士の資格は、全日本着付け技能センターが定めた学科試験・実技試験に合格することで、取得することができます。

着付け技能士には、

  • ・2級着付け技能士
  • ・1級着付け技能士

という種類があり、それぞれでレベルも受験資格も異なってきます。

基本的に「スクールに通い、必要なカリキュラムをこなすことで取得できる」民間取得とは異なり、国家資格である着付け技能士となるためには、非常に高い知識と技術が求められます。

ただ単純に「着付けが上手ければ良い」というわけではなく、和装や着付けに関する幅広い知識を習得することが求められ、文字通り「和装のスペシャリスト」として振る舞うことを求められるのです。

着付け技能士の資格を取得すれば、着付け師としての技能・知識が非常に高レベルであることを証明できます。着付けの教室を開講する際にも役立ちますし、着付けに関する仕事に就きたいと思ったときにも、抜群の効果を発揮してくれるでしょう。

着付け技能士の資格試験に挑戦したいと思ったときには、どの流派の着付け教室に通っていても大丈夫です。

また試験を受けるためには「実務経験」を求められます。まずは自分が気になるスクールに通い、そのスクールの民間資格を取得した上で実務経験を積むのがオススメです。数年を経て、受験資格を得ることができたら、より高いレベルの「着付け技能士」資格取得を目指していきましょう。

着付けの資格は、着付けの世界で働きたいときに役立つ資格

着付けに関する資格は、非常に多くの種類が存在しています。着付けスクールのそれぞれが、独自の民間資格を発行しているからです。教室認定の講師として働きたいと思ったら、お目当てのスクールへと通い、必要な知識技術を身につけていくのが良いでしょう。

また着付けに関する資格には「着付け技能士」という国家資格も存在しています。国家資格の中では、比較的新しい資格で、今後さらに需要が高まることが予想されています。着付けに関する知識や技術は、もはや「特殊技能」となっています。日本人からも、そして海外の人からもその美しさが注目されている今、資格を仕事につなげていくことも、決して難しくはないはずです。

着付けの資格は、着物の世界に魅入られた方々にとって、非常に魅力的で実用的な資格です。ぜひ習得を目指して頑張ってみてはいかがでしょうか。

TOPへ戻る

一から学べる無料体験講座。花京都きもの学院

東京の教室人気ランキング
大阪の教室人気ランキング

着付け教室に関する基礎知識

着付け教室の選び方

掲載教室一覧