初詣の装いと立ち振る舞い

日本人にとって、お正月は特別な行事です。日本の伝統的な文化を大切にして「お正月らしい雰囲気を存分に味わいたい」と思っている方にオススメなのが、「着物」です。着物を着て初詣に出かける際に注意したいポイントやコーディネートのコツについて、わかりやすく解説していきます。「今年のお正月は、いつもとは違う雰囲気で迎えてみたい」と思っている方は、ぜひチェックしてみてください。

お正月にピッタリの着物の種類とコーディネートのコツ

お正月にピッタリの着物の種類とコーディネートのコツ

お正月に着物を着て楽しみたい!と思ったときには、まず「お正月にふさわしい着物の種類」について知り、適切なアイテムを選ぶ必要があります。着物には、以下のような種類があります。

  • ・留袖
  • ・本振袖
  • ・訪問着
  • ・小紋
  • ・紬

着物についてあまり知識がない場合、「いったい何がどう違うの?」と悩んでしまいがちですが、これらの着物は「格」が違います。洋服でも、「きちんとした場所ではきちんとした装いをする」のがマナーとされています。着物でも同様のルールがあり、場所や状況によって、着物の格を調整することがマナーとされています。

着物の中でもっとも格式が高いのは、留袖や本振袖です。一つ格が下がると、訪問着となります。 お正月に改まって親類の家を訪れるような場面では、訪問着を選択すると良いかもしれません。きっちりとしたイメージの装いで、相手の印象もよくなるでしょう。もう少しカジュアルに「初詣に出かけるために着物を着用したい」というのであれば、小紋を選択するのがオススメです。電車などでの移動も、動きやすい小紋であればそれほど苦になりません。普段あまり着物に慣れていない人にもオススメできます。

初詣にオススメの和服コーディネートについて

せっかくお正月に着物を着用するのであれば、お正月にふさわしいコーディネートを意識したいところです。具体的には、以下のようなポイントをチェックしてみてください。

  • ・華やかな色合いであること
  • ・おめでたい柄であること

せっかく着物を着用しても、暗いイメージでは「お正月にはふさわしくない」と思われてしまいがちです。淡いパステルカラーや華やかな色合いを選ぶことで、印象が明るくなるでしょう。着物ではなく、帯で華やかさを演出するのもオススメです。

またお正月には、「お正月らしいおめでたい柄」というものが存在しています。

  • ・松竹梅
  • ・宝づくし
  • ・吉祥文様
  • ・雀
  • ・扇子
  • ・鯉
  • ・麻の葉
  • ・鳳凰

ちょっとした工夫で「お正月っぽさ」を高めることができますから、「和装ならではのオシャレ」と思って楽しんでみてくださいね。

着物のときの立ち振る舞いについて

着物のときの立ち振る舞いについて

普段の生活の中で着物を着慣れていないと、「初詣に出かけたいけれど、和服だからこその不安もある」と感じるケースも多いものです。洋服と比較して、和服の場合は動きを制限されてしまいます。気崩さず、さらに周囲から「美しい」と思われるためには、いくつかのコツを意識する必要があるのです。
着物で初詣にお出かけする際に、意識したい立ち振る舞いのポイントについてまとめます。

歩き方

まずは歩き方についてです。着物を着たら、背筋はまっすぐに伸ばして立ちましょう。少し内股気味に立つのが、コツとなります。歩くときには、そのまま足を、小股でまっすぐに前へと出します。見え方が美しくなるだけではなく、着物の着崩れを防ぐことにつながりますから、ぜひ意識してみてください。

階段の上り下り

初詣で神社を訪れた際には、階段の上り下りをする機会も多いものです。右手で着物のたてづまを軽くつまみ、持ち上げます。身体の向きを、階段に対して少し斜めにすることで、足を運びやすくなります。
ただしたてづまを持ち上げすぎると、足首が露わになり、なんとなく下品な印象になってしまいます。また着物が着崩れる原因にもなりますから、注意してください。

食事の仕方

初詣の帰りに何か食事を……という場面では、「たもと」に注意するようにしましょう。テーブルの上のものを取ろうと手を伸ばすときには、必ずもう片方の手でたもとを軽く押さえるようにしてください。また自分の席から遠すぎるものは、無理に取ろうとしないことも大切です。近くの人に頼み、取ってもらうようにお願いしましょう。
特に着物に慣れていない方は、たもとが原因で食事中に粗相をしてしまうことも多いもの。恥ずかしい思いをしないためにも、意識するようにしてください。

電車やバスに乗るとき

初詣にお出かけするために電車やバスに乗るなら、たもとを意識するほか、袖に気を配ることも大切です。混雑しているときには立って乗車することもありますが、できればつり革は避けて、支柱をつかめる場所へと移動しましょう。
腕を上げ過ぎると、袖がまくれて腕が露わになってしまいます。「見苦しい」と思われてしまう可能性もありますから、注意してみてくださいね。

着付け教室に通って、より着物を身近に楽しもう

着付け教室に通って、より着物を身近に楽しもう

初詣に着物を着用したい!と思ったときには、美容院などで着付けてもらうのも一つの方法です。しかしこれ以外にも、「着付け教室で着付けを習い、自分で着られるようになる」という方法もあります。着付け教室は近年人気の習い事で、着物の世界をより身近に楽しめるようになるでしょう。
「わざわざ教室に通うなんて……」と思う方もいるかもしれませんが、美容院で着付けをしてもらおうと思えば、着物を着るたびに余計な料金が発生してしまいます。また初詣のタイミングに合わせて着付けをしてくれる美容院を探し、予約をするという手間も発生してしまいます。

自分自身で着付けの技術を習得することができれば、いつでも自分の好きなタイミングで、和装を楽しむことができます。「お正月らしい雰囲気の装い」へと、自分なりのアレンジを施すことも可能となります。コーディネートの幅も、より一層広がっていきそうですね。
またもちろん、お正月の初詣だけではなく、ちょっとしたお出かけの際にも着物を楽しめるようになりますよ。

着付け教室にもさまざまな種類があり、大手の会社が経営しているところもあれば、街中の小さな呉服屋さんが店舗の一角で行っているようなケースもあります。またほかにも、過去に教室に通って着付けの技術を習得した方が、自宅で着付け教室を開いているようなケースもあります。
「少しハードルが高い」と思ってしまいがちな着付け教室ですが、自分にとって通いやすい雰囲気の教室を探すことで、難易度はグッと低くなります。着付け教室の中には、無料お試し講座を開講しているところも少なくありません。気になる教室が見つかったときには、ぜひ資料請求や無料講座への参加を検討してみてはいかがでしょうか。

お正月は華やかな着物で楽しんでみませんか?

日本人にとって、お正月は特別な行事です。「1月1日を迎えると、自然と気持ちもシャキッとする」と感じる方も多いのではないでしょうか。普段は洋服で過ごすことが多い私たちですが、お正月は和服で過ごしてみることで、より一層特別感を演出できるのかもしれませんね。
着物には着物のオシャレやコーディネート法があり、場面や状況に合わせて適切なアイテムを選ぶことが大切です。お正月のどのような場面で着物を着用したいのかによって、選ぶべきアイテムは変わってきますから、こちらについてもぜひチェックしてみてください。
着物の世界に親しんでみたら、ぜひ「自分自身の手で着付けられるようになる」ということについても考えてみてはいかがでしょうか。着付け教室は、和の世界に触れられる習い事としても人気を集めています。確かな技術を習得することにもつながりますから、まさに「一生使える習い事」だと言えるでしょう。

新たな年のスタートと共に、ぜひ新たな習い事についても前向きに検討してみてください。来年のお正月は、自信を持って着物スタイルを楽しめるようになっているのかもしれませんね。

TOPへ戻る

一から学べる無料体験講座。花京都きもの学院

東京の教室人気ランキング
大阪の教室人気ランキング

着付け教室に関する基礎知識

着付け教室の選び方

掲載教室一覧