着崩れを防止する方法と直し方

和装を楽しむ上で、どうしても気になってしまうのが着崩れです。着付けに慣れていない方にとっては、「もしも出先で着物がぐちゃぐちゃになってしまったら……」と不安感を抱いてしまいます。

とはいえ、そもそも着崩れしないように着付けることも可能ですし、着崩れが気になり始めたタイミングで少し手を加えることで、美しい状態に戻すことも可能です。着崩れ防止や手直しのポイントを紹介します。

着崩れないように着付けるコツ

着崩れないように着付けるコツ

着物の着付けが難しいと言われる所以の一つは、着付け後の着崩れにあります。最初はきれいに見えても、着物を身につけ、動いているうちにシワやたるみが気になってきてしまうケースは少なくありません。もしも外出先でこのような事態に陥ってしまえば、非常に恥ずかしい思いをすることになります。

「着物の着崩れは、初心者にとってはどうしようもないこと」と考えている方もいるかもしれませんが、これは大きな間違いです。実際には、ほんのちょっとしたポイントを意識するだけで、着崩れしづらい着付けを実践することができます。

では具体的に、着付けのポイントとはどこにあるのでしょうか。以下の2つを意識してみてください。

  • 丁寧な体型補正
  • 腰ひもをしっかりと締める

筒形の着物で凹凸のある身体を包み込むためには、体の方をできるだけなだらかにする必要があります。そのためのポイントとなるのが、体型補正です。「まぁいいか」と安易に捉えてしまいがちですが、この体型補正がしっかりとできていないと、全体を美しく仕上げるのが難しくなってしまいます。

タオルなどで部分的に補正するのも良いですが、どこをどの程度補正すれば良いのかの判断は初心者にとって、難しいものです。それよりも、身体全体に手軽に使える、補正専用グッズを活用するのがおすすめです。着付けにかかる時間も、短くて済むでしょう。

もう一つ意識したいのが、腰ひもの締め付けについてです。着崩れを防止するためには、やはりぎゅっと締め付ける必要があるのですが、「身体が苦しそう」というイメージから、どうしても力が弱くなってしまう方も少なくありません。

腰ひもを締め付けて苦しさを感じるのは、腰ひもを巻く位置が微妙にずれているからです。腰骨の上から臍(へそ)までの間の位置で腰ひもを締めるのに適した位置を探してみると、しっかりと締め付けても苦しさを感じにくいポイントが見つかるはずです。

着崩れが気になったら、すぐに実践できる直し方

着崩れが気になったら、すぐに実践できる直し方

どれだけ気をつけて着付けをしていても、動き方の癖や姿勢によっては、徐々に着物が着崩れてきてしまうことがあります。このような場面においては、動き方や姿勢を意識して改善するほか、着崩れを悪化させないための処置方法を実践しましょう。

着崩れの直し方は、概ね以下のとおりです。着崩れが気になる部位別に、対処してみてください。

襟元の着崩れは身八つ口から引っ張って

襟元のゆるみは、よくある着崩れパターンの一つです。内側から引っ張ることで、ゆるみを解消することができます。着物の身頃の脇の開いている部分、身八つ口から手を入れてたるんだ衿を引っ張りましょう。身八つ口から手を差し込んで手直しを行うことで、全体を自然な形で仕上げられます。

ゆるみがひどく、胸元の開きが気になってしまう場合には、襟元を引っ張ったのちに、おはしょりの前部分を引っ張って整えてみてください。全体的に美しい状態を取り戻せるでしょう。

背面のゆるみはおはしょりを引っ張って

立ったり座ったりする動作を繰り返すと、着物の背中部分にゆるみやたるみが生じがちです。背面から見たときに、なんとなくぼんやりとした印象になってしまいますから、さっと手直ししておきましょう。

背面のゆるみは、やはり背面で調整していきます。背中側のおはしょりを、優しく下へと引っ張ってみてください。このときのコツは、強く引っ張り過ぎないこと。引っ張る力を強くなりすぎると、着付け全体が崩れてしまうことも考えられます。弱めの力加減から、徐々に調整していきましょう。

帯が落ちるときはタオルで補正を

しっかり締めたはずの帯も、時間の経過と共に、徐々にずり落ちてきてしまうようなケースがあります。「なんとなく落ちそう」と思うと、着付けに対する不安感は増すばかりです。こんなときには、帯の下にタオルを一枚挟み込むことで、ズレや落下を防いでください。

帯の崩れは、一度解いて結び直しても良いのですが、初心者にとってはハードルが高いことも考えられます。いつでもさっとケアできるよう、タオルを一枚用意しておくのがおすすめです。

裾が下がるときはおはしょりの下に入れ込んで

着崩れの中でも、危険度が高いのが裾の乱れです。身頃がずれて、片方の裾が下がって床についてしまうような状態になると、見た目も機能性も大きく損なわれてしまいます。できるだけ早めに、適正な処置を行う必要があります。

鏡の前に立って身頃のずれた部分を持ち上げ、調整したら、その状態をキープできるよう、余分な部分をおはしょりの中にしまい込んでみてください。裾の長さをきちんと合わせることで、違和感なく手直しすることができます。

ただしこちらは、あくまでも応急処置となります。とりあえずの状態を整えたあとは、できるだけ早めの時間の余裕を見つけ、より本格的な手直しをすることをおすすめします。

着付け教室で、着付けの基本を身につけるのもおすすめ

着付け教室で、着付けの基本を身につけるのもおすすめ

着物の着崩れは、ある程度仕方がないことだと言えるでしょう。とはいえ、自分自身の工夫によって着崩れしづらい状態にすることはできますし、着付けや着物の仕組みを理解することで、たとえ着崩れが気になったときでも、手早くささっと直すこともできるようになります。

着物の基本や着付けについて学ぶのであれば、着付け教室を選択するのがおすすめです。着付けに関する手順を、一から丁寧に教えてもらうことができますし、レッスンを通じて着付けの練習を積み重ねていくことで、着物の仕組みや状態についても、実体験として理解できるようになるでしょう。

着付け教室でレッスンを受けたとしても、最初から美しい状態に仕上げるのは難しいものです。しかし身近なところに先生がいてくれれば、崩れてしまった着物に対してどう対処するべきなのか、生きたアドバイスをもらえるはずです。

着付け教室で和装を楽しむ仲間ができれば、着物を着てお出かけする機会も増えるかもしれません。着る機会が増えれば、着崩れしないような振る舞い方を身につけていけることでしょう。着付け教室は人気の習い事の一つで、教室の数も非常に増えてきています。自分に合ったところを見つけてみてはいかがでしょうか。

着崩れを怖がらずに、どんどん着物を楽しんでみよう

着物を着用する機会が少ないと、「もしも着崩れしてしまったら……」と過度に不安になってしまう方もいるかもしれません。とはいえ、見た目が著しく損なわれるような着崩れが起きる可能性は、それほど高くはありません。着崩れに対する適切な知識を身につけておけば、さらにリスクは低減できます。不安ばかりを抱えるのではなく、ぜひ着物を着用してお出かけする機会を増やしてみてください。

着物を着る機会が増えれば増えるほど、着付けの腕は上達していきますし、実体験の中から「自分にとっての着崩れしづらい着付け方法」を見つけていくことができるはずです。経験こそが、何よりの対処法となるでしょう。

着物仲間同士のお出かけであれば、お互いの着付けや着崩れについてチェックすることもできます。着付け教室に通えば、着付けに関する知識や技術を一から身につけられますし、こうした仲間も作れる可能性があり、おすすめです。

TOPへ戻る

一から学べる無料体験講座。花京都きもの学院

東京の教室人気ランキング
大阪の教室人気ランキング

着付け教室に関する基礎知識

着付け教室の選び方

掲載教室一覧