和装で結婚式に参列するときに気をつけたいこと

結婚式にゲストとして招かれたときに、「いったい何を着ていこう?」と悩む方は少なくありません。こんなときには、ぜひ和装での出席を検討してみてはいかがでしょうか。

とはいえ、和装での結婚式への参列に、「わからないことが多い!」と感じる方も多いはずです。そこで今回は、結婚式にゲストとして招かれた場合に、和装で参列する際の注意点を解説していきます。和装参列のメリットについても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

結婚式に和装で出席するメリットとは

結婚式に和装で出席するメリットとは

結婚式は、言うまでもなくおめでたい席です。親戚や友人・知人など……新郎新婦の知り合いが数多く集まって、おめでたい雰囲気を盛り上げることになります。

結婚式に招かれた場合、自分の立場やシチュエーションに合ったフォーマル衣装を身につけることが大切です。多くの人が選択するのが、ドレスやスーツといった洋装ですが、和装には和装にしかないメリットも多くあるのです。

洋装と比較すると着付けに手間がかかる和装ですが、色や柄の組み合わせはまさに無限大です。よって周囲の人と雰囲気がかぶってしまうようなことは、まずあり得ません。また着物姿の女性は、場の雰囲気を華やかにしてくれるもの。おめでたい雰囲気をより一層高める存在として、新郎新婦にも喜ばれることでしょう。

また結婚式にドレスで参列しようとした場合、自分の年齢とドレスの雰囲気がなんとなく合わず、困ってしまった経験はありませんか?世の中にはさまざまなデザインのドレスがありますが、年齢によって似合う雰囲気は少しずつ変わってきてしまうもの。「前回着用したドレスがあるから大丈夫」と思っていても、いざ着用してみると「今の自分には似合わなかった!」なんて失敗もありがちなのです。

一方で和装の場合には、このような失敗はまずあり得ません。着用する人の年齢を選ばない衣装ですし、帯や小物の使い方で雰囲気をアレンジすることも可能となっています。

着物=高いといったイメージを抱く方も多いかもしれませんが、コストパフォーマンスの側面から考えると、実は非常に優れた衣装です。結婚式にゲストとして招かれたら、ぜひ和装で出席することも前向きに検討してみてください。

和装での結婚式出席、着物選びの注意点とは

和装での結婚式出席、着物選びの注意点とは

和装で結婚式に出席することを考え始めたら、当日の衣装を決定しなくてはいけません。洋装でも言えることですが、結婚式の衣装においては、さまざまなマナーが存在しています。新郎新婦に不快な思いをさせないためにも、またおめでたい雰囲気を台無しにしないためにも、和装においてもしっかりとマナーを意識して衣装選びを行いましょう。

着物選びの段階で意識しておきたいのは、以下の3つのポイントです。

着物の格に注意する

洋装と同様に、和装の世界にも格があります。結婚式の主役はあくまでも新郎新婦であり、またその親族です。ゲストの立場で、格式の高すぎる衣装を身につけることはマナー違反になりますので、注意してください。

「せっかく着物を着るなら、普段着られない衣装を選びたい!」という気持ちもわかりますが、あえて格を抑えることが、新郎新婦への気遣いとなります。

具体的に注意が必要なのが、未婚女性が着用する大振袖です。長い袖が非常に華やかな雰囲気を振りまいてくれる衣装ではありますが、大振袖は新婦が身につけることもある衣装です。一ゲストと新婦が同じ格式の衣装を身につけるというのは、あまり好ましいことではありません。中振袖や小振袖を選ぶようにしましょう。既婚女性であれば、準礼装にあたる訪問着を選択するのがオススメです。

結婚式で花嫁が大振袖を着用しない場合は、ゲストが大振袖を着用してもかぶることはありません。とはいえ、大振袖自体が華やかで人目を惹きつける衣装だからこそ、注意が必要となります。

柄や色が派手になり過ぎないこと

和装姿の女性は、結婚式に華を添えてくれる存在です。とはいえ、派手になり過ぎるのは禁物です。自分が主役ではない場面で目立ちすぎることがないよう、色や柄には十分に気を配ってください。

派手になり過ぎない色味を選択するのはもちろんのこと、結婚式にふさわしい、おめでたい柄をチョイスすることも大切なポイントとなります。「和装のことはよくわからない……」という場合には、お店の店員さんなどにアドバイスを求めるのがオススメです。

新婦の衣装とかぶらないこと

こちらは、洋装においてよく言われるマナーですが、和装においても同じことが言えます。結婚式の主役である新婦と、衣装の雰囲気が似通ってしまうのは、大変失礼にあたります。衣装の準備の段階で、花嫁が身につける予定の衣装についても、確認しておくと良いでしょう。

和装での結婚式参加……当日・会場での注意点とは

和装での結婚式参加……当日・会場での注意点とは

普段は洋装で過ごしている方が、和装で結婚式に参加することを決めた場合、当日の動きにも注意するべきポイントが多くあります。こちらも忘れずにチェックしてみてください。

立ち居振る舞いに注意しよう

和装を着用しているときには、和装を美しく見せる立ち居振る舞いを意識する必要があります。具体的には、普段よりもこまやかで繊細な動きを意識するのがオススメです。

歩くときでも、大股ですたすたと歩いていくのはおすすめできません。それよりも、若干内股気味にして、歩幅を小さくちょこちょこ歩くイメージで動いてみてください。着崩れ予防にもつながります。

また椅子に座るときには、おはしょりをつぶさないよう注意しましょう。椅子に浅く腰かけて背筋を自然に伸ばすと、美しく見せられます。食事の際に、テーブルの上のものに手を伸ばすなら、反対側の手で袂を押さえることを忘れないでください。洋装と同じ感覚で腕を伸ばしてしまうと、せっかくの着物が汚れてしまう可能性があります。

着崩れには、早めに対処しよう

着物に慣れていない方は特に、時間の経過と共に着崩れが気になってしまうようなケースもあります。この着崩れ、「いったいどうすれば良いの!?」と焦りがちなポイントではありますが、軽度であれば自分自身で調整することも可能となります。着崩れトラブルを早期発見するためにも、できるだけこまめに、着物の様子をチェックしてみてください。

着崩れてきたときには、部位に合わせて適切なケアをする必要があります。やみくもに引っ張るのは危険ですから、避けてください。自分で着付けをしてみると、着物を着用する際の仕組みも自然と身につきます。基本だけでも、着付け教室で学んでみるのもおすすめです。

着付けは苦しくなりすぎない程度に

披露宴では、食事をいただくことになります。着崩れが怖いからという理由できつく締めすぎると、せっかくの食事も思うように入っていかない……なんてトラブルにもつながってしまいます。あまり強く締めすぎないよう、意識して着付けを行うのがおすすめです。

着付けを人に頼むのであれば、こうした点にも配慮して着付けてもらいましょう。自分で着付けができる場合には、その日の体型やシチュエーションに合わせて、締め具合を調整できます。こちらの側面からも、やはり自分で着付けができると便利ですね。

和装姿で結婚式に参加してみましょう

華やかな和装は、結婚式にもピッタリの衣装です。「和装に興味はあるものの、なかなか着用する機会がない」と感じている方にとっても、絶好のチャンスだと言えるでしょう。

和装姿で結婚式に参加することを決めたら、まずは衣装選びに注意しましょう。華やかな雰囲気を醸し出しつつ、派手になり過ぎない気遣いが必須となります。

また当日の振る舞い方にも、注意するべきポイントは多数あります。一つずつクリアして、結婚式というおめでたい場の雰囲気を、存分に楽しめると良いですね。

日本の伝統的な衣装である和装姿は、結婚式のおめでたい雰囲気を、より一層高めてくれることでしょう。新郎新婦や親族の方々からも、きっと喜ばれるのではないでしょうか。

TOPへ戻る

一から学べる無料体験講座。花京都きもの学院

東京の教室人気ランキング
大阪の教室人気ランキング

着付け教室に関する基礎知識

着付け教室の選び方

掲載教室一覧