着物を着る際の下着ってどうすればいい?

着物を着ようと思ったときに、迷いがちなのが下着についてです。和装には和装専用の下着を身につけるべき!と言われていますが、具体的にどのような下着を用意するべきなのか、よくわからない……なんて方も多いのではないでしょうか。

和装を美しく着こなすためには、やはりきちんとした和装用下着を身につけることが大切です。そこで今回は、着物を着用する際の下着について、情報をまとめます。選ぶべき品物や代用品など、わかりやすく紹介していきます。

和装専用の下着の種類

和装専用の下着の種類

着付け教室で着付けを習うことになったら、ぜひ用意しておきたいのが和装用の下着です。着物や帯は、教室でレンタルできるケースも多いのですが、下着となると、そういうわけにはいきません。直接身につけるものですし、自分自身のスタイルに合ったものを購入しておきましょう。

とはいえ、着物の世界になじみがない場合、「いったいどのような下着を用意すれば良いの?」なんて戸惑うこともあるでしょう。着物用の下着には、以下のような種類があります。

  • 肌襦袢
  • 長襦袢
  • 半襦袢
  • 裾よけ
  • 和装ブラ
  • 和装ショーツ
  • 補正着

着物を着用する際の下着といえば、襦袢を思い浮かべる方も多いことでしょう。着物に直接汗や皮脂がつかないよう、身につけるものとなっています。

下着と言われるだけあって、着物を着用した際に、襦袢が目立つことはありません。たまに袖元からチラリと覗く程度でしょうか。このため特に着物初心者の方の場合、「とにかく着ていれば良い」と考えてしまいがちです。

着物に慣れてくると、この「チラリと覗く襦袢」にもこだわって、着物全体をコーディネートする方も少なくありません。色合わせや柄など、襦袢の選び方も奥が深い世界であると言えるでしょう。

肌襦袢が上半身の下着なら、裾よけは下半身用の下着となります。襦袢と同様に、着物に汗や皮脂が付着しないよう、着物の下に身につけることになります。肌襦袢とセットで販売されているケースも多いですから、同時に購入するのもオススメの方法です。

また女性であれば、ぜひ準備しておきたいのが和装ブラや和装ショーツです。和装を楽しむ際には、全身をできるだけ平たんにするのが好ましいと言われています。こうすることで着付けの難易度は下がりますし、より魅力的に見せることもできるでしょう。通常のブラジャーやショーツは、「身体を平たんに見せる」とは真逆の目的で作られているケースも多いもの。要するに、女性らしいメリハリあるボディラインを、より魅力的に見せるためのデザインが採用されている、というわけですね。

このため、通常のブラやショーツを着用し、その上から着付けをしようとすると、なかなかうまくいかないことも考えられます。まだまだ着付けに慣れない初心者の時期だからこそ、ぜひインナーからこだわってみてください。

また下着だけでは調整が難しい場合に、役立ってくれるのが補正着です。こちらは、身につけるだけで着付けにピッタリの体型へと補正してくれる、便利アイテムとなります。

着付け時の補正といえば、状況に合わせてタオルなどを使うスタイルが一般的ですが、どこをどう補正するべきなのか、特に初心者の時期には難しいものです。少しコストはかかりますが、和装のプロが作った補正着を用意しておけば、楽に理想の体型に近づけられるでしょう。

下着を身につける際の注意事項

下着を身につける際の注意事項

和装を楽しむ際の下着には、覚えておきたい注意点がいくつか存在しています。

まず挙げられるのは、「下着のラインはできるだけ出ない方が美しい」ということです。このため、和装ブラや和装ショーツは、非常にシンプルなデザインで作られているものも少なくありません。「せっかく購入するなら、かわいらしいものの方が良い!」と思う方には、レースをあしらった下着などがオススメです。

ここで気になるのが、「下着の線が見えない方が良いのであれば、そもそも身につけなくても良いのでは?」という意見です。そもそも昔の人は、下着を身につけずに和服を着用していたと言われており、もちろんそれも選択肢の一つだと言えるでしょう。

特に女性の場合、バストが大きい人は、それを支えながらもできるだけ平らに見せるために、和装ブラを身につけた方が良いとされています。一方で平均からそれ以下のサイズの場合には、そこまで積極的に身につけなくても良いとされています。

とはいえ、西洋風の服装に慣れ親しんでいる今、「下着を身につけない」というスタイルに違和感や不安感を覚える方も多いことでしょう。このような場合には、やはり和装ブラを身につけるのがオススメです。万が一着物の襟もとがはだけてきてしまうようなことがあっても、下着を身につけていれば安心だと言えるでしょう。

和装専用品をそろえるのは大変!代用品はある?

和装専用品をそろえるのは大変!代用品はある?

とりあえず着付けを習い始めてみたけれど……普段の生活の中で、いったいどれだけ和服を楽しむ機会があるのか、よくわからない!という方も多いことでしょう。数少ないチャンスのために、わざわざ専用品をそろえるのは大変ですし、コストだってかさんでしまいます。「下着をそろえるのが面倒だから」という理由で、着付けを敬遠してしまうとしたら、それはあまりにももったいないことだと言えるでしょう。

このような場面においては、ぜひ日常生活の中で身近な品を、和装専用下着の代用品として活用してみてください。

たとえば裾よけや、下履き用として流用できるステテコやスカートで代用することができます。代用品として販売されている商品も多いので、安心して選択できることでしょう。もちろん自宅に保有しているものの中から、使えそうなアイテムを選択しても構いません。

肌襦袢の代わりは、私たちの生活により身近なキャミソールです。キャミソールを身につけ、その上から短襦袢や長襦袢を着用することで、着物を着るための準備を整えていけるでしょう。

また女性のバストの状態を整えるために必要なのが和装ブラジャーですが、こちらも「専用品を購入するのはちょっと……」と思う方も多いのではないでしょうか。以下のようなアイテムが、代用品として活躍してくれます。

  • スポーツブラ
  • ノンワイヤーブラ
  • カップ付きキャミソール

和装ブラジャーの代用品としてもっともオススメなのは、スポーツブラです。スポーツをする際にバストが邪魔にならないよう、柔らかい素材でしっかりとホールドしてくれる製品が多くあります。代用品としても選びやすく、またスポーツをする際にも利用できます。

スポーツブラを選択する際に注意したいのが、襟足が詰まっていないタイプのデザインを選ぶということです。襟足が詰まっているもののほうが、バスト全体をホールドする能力には優れているかもしれませんが、着物を着た際に、後ろからチラリと見えてしまう可能性があります。自分では気づきにくいポイントですから、十分に注意してください。

スポーツブラも持っていない場合には、ノンワイヤーブラやカップ付きキャミソールを選択してみてください。これらの下着の特徴は、バストを支えつつ、そのボリューム感を強調しないということです。和装を楽しむ際の考え方とも一致しますから、着付けで苦労するようなこともないでしょう。

これらのアイテムは、汎用性が高く和装専用下着と比較すると低価格で購入できるケースも多いもの。気軽に和装を楽しみたい!と思うときには、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

着付けの世界を楽しむ際には、ぜひ下着にもこだわってみて

「着付け」と聞くと、「なんだか難しそう」というイメージを抱く方も多いのではないでしょうか。確かに「腕や足を通すだけ」の洋服と比較すると、締めたり整えたりと、大変なことも多いもの。しかしちょっとしたコツを意識するだけで、着付けはより楽に、そして美しく実践できるようになります。

和装を楽しむ際には、専用の下着を用意するというのも、そうしたコツの一つです。最初は少し面倒に思うかもしれませんが、より着付けの腕を上達させるためにも、和服に合った下着を選択し、用意してみてくださいね。

TOPへ戻る

一から学べる無料体験講座。花京都きもの学院

東京の教室人気ランキング
大阪の教室人気ランキング

着付け教室に関する基礎知識

着付け教室の選び方

掲載教室一覧