【どうやったらなれる?】着物好きなら、着付け師・講師は魅力的な仕事

【どうやったらなれる?】着物好きなら、着付け師・講師は魅力的な仕事

着物に関わる仕事をしたい人にとって、着付け師や着付け講師といった仕事は魅力的に感じられることでしょう。とはいえ、仕事に就く方法や業務内容についてはなかなか知る機会がないのでは?そこで、今回の記事では着物に関わる仕事をしたい人のため、着付けの仕事についてまとめてみました。

着物大好きさんに知って欲しい、着物の仕事とは

着物を着るのは大好きだけど、着物に関する仕事についてはよく解らない…そんな人のために着物の仕事をご紹介していきます。

着物関係にはこんな仕事が

着物関係の仕事が多くある場所というと、結婚式場や式場内の美容院、美容院や写真スタジオが挙げられます。そうした場所に着付け師として勤める人もいれば、契約ごとに着付けを行うことも。あとは着付け学校に勤める人、開業して生徒さんを持ち、講師や先生として活躍する人も多くいます。

長く働け、独立もできる着物の仕事

着付けに関わる仕事は圧倒的に女性が多く、その年代も様々。着付け師というと年齢が高めという印象を持つ人もいるかもしれませんが、資格を取ればどんな年代でも働くことが可能ですし、子育て中の女性もいるのです。

こうした働き手のバリエーションが豊富な業界は、長く働き続けることができる業界でもあります。事情でブランクが空いても、技術が落ちないための努力をすれば復帰も可能ですし、着付け師は売り手市場なので安心です。

着付け師・講師を目指してみましょう

雇用形態を変えればライフステージに合わせて働ける、着付け師や講師。その仕事内容は?どうやったらなれるの?といった疑問にお答えします。

着付け師・講師ってどんな仕事?

着物関係の仕事とは、人に着付けをするものと着付けを教えるものに大別されます。前者はブライダル関連や成人式、茶会のため、着物を自分で着られない人に着付けることが仕事になります。最近はTV関連の仕事で着付けも含めたスタイリングを行う、着付けスタイリストなどと呼ばれる仕事も登場してきています。いずれも仕事柄朝早いことも多く、土日祝日は仕事ということも多いので、体力や忍耐力も必要とされる仕事です。

教える仕事としては、着付け学校の講師になって着付けの技術を教えるか、独立して教室を開くという方法も。いずれも人に教えるとなると中級以上の技術と知識が必要となり、国家資格である「着付け技能士」の資格を取ることも推奨されます。

着付け師・講師になるために

着付け師や講師になるには、着付け技術を教えてくれる専門学校に入ることが近道。そうした学校では着付けだけではなく着物についての全般的な知識、着物を着る席でのマナーも学べます。また、学校以外にも主婦や会社員をしながら、いわゆる「着付け教室」を入り口に趣味として学んだ後、学んだスキルを生かして転身するかたもいるようです。

募集要項の中にはこういった経験を必須としていない募集もあるようですが、幅広い仕事をこなしながら質を上げていくためにも、やはり基礎があるに越したことはありません。

募集は一般的な求人媒体に掲載されていることも多いですが、着物屋さんなどではホームページ上で直接募集をかけていることもあります。気になったらぜひ探してみて下さい。

まとめ

着付けは学校を卒業すれば一通りの技術が身につきますが、気配りも必要な仕事です。長時間の着付けではお客様の体調も考慮し、着物の質による崩れを予想するなど、経験を積まないと対処できない部分も。最初は先輩のお手伝いをこなしているうちに慣れていくものなので、日々の積み重ねが大切だということを覚えておきましょう。

TOPへ戻る

一から学べる無料体験講座。花京都きもの学院

東京の教室人気ランキング
大阪の教室人気ランキング

着付け教室に関する基礎知識

着付け教室の選び方

掲載教室一覧