着物の喪服と礼服の違い

着物の世界においても、わかりにくいのが喪服と礼服の違いについてです。とはいえ、どちらも非常に重要な意味を持つ着物ですから、「自分自身で勝手に判断すれば良い」というわけにはいきません。

思わぬ場面で恥をかかないためにも、きちんとした知識を身につけておくことは重要です。着物の世界を楽しむのであれば、頭に入れておきたい喪服と礼服の違いについて解説します。自信がないときには、ぜひ確認してみてください。

礼服とは?

礼服とは?

喪服と礼服の違いについて知るためには、まず「礼服とは何か」という点について、しっかりと把握しておかなければいけません。喪服と比較すると、その意味合いがわかりにくいのが、礼服の特徴でもあります。礼服とは具体的にどのような衣服のことを意味し、どのような場面で着用されるべきものなのでしょうか。

礼服を身につける場面は多々ありますが、代表的なものは以下のとおりです。

  • 結婚式
  • お葬式
  • 入学式
  • 卒業式
  • 成人式

冠婚葬祭など、改まった場面で着用する衣服が礼服となります。つまり礼服の中には喪服も含まれるということになります。礼服を英語にすると、フォーマルという言葉になりますが、こちらの方が、イメージがつかみやすいと感じる方も多いのかもしれません。フォーマルの中に、ブラックフォーマルが含まれる形となります。

一言で礼服といっても、どの程度の格の衣服を選択するのかは、場面によって変わってくるでしょう。私たちは普段、場面によってふさわしい礼服を選び取っているということになります。

和服の礼装のランクについて

和服の礼装のランクについて

現代の日本においては、着物は洋服よりも、改まった雰囲気を演出しやすい衣服となっています。「ちょっと改まった場所に出掛ける際に、着物がちょうど良い」と感じる方も多いことでしょう。

とはいえ実際には、着物=礼装というわけではないので、注意する必要があります。着物の礼装にも、それぞれでランクがありますから、場面に応じた着物を選択し、着用することが大切です。

では着物の礼装のランクとは、具体的にどのようになっているのでしょうか。格式の高いものから順番に紹介していきます。

正礼装(第一礼装)

和服の礼装の中でも、もっとも格式が高いものを正礼装、もしくは第一礼装と言います。正礼装には、以下のような和服の種類が含まれます。

  • 打掛
  • 本振袖
  • 黒留袖、五つ紋

この中でも、打掛と本振袖は基本的に独身女性のための正礼装です。打掛は、結婚式のときに花嫁が身につける衣装としても知られています。

本振袖は、成人式のときに身につける振袖と比較すると、さらに袖が長いという特徴があります。やはりこちらも、花嫁が身につける衣装として使われていて、打掛と同じように捉えれば良いでしょう。

一方で黒留袖、五つ紋は、既婚女性のための正礼装です。黒地の着物で、帯の下に模様が入っているという特徴があります。五つ紋とは、両胸・両袖・背中の五ヶ所に染められた家紋のことを言います。この五つ紋が入っていることで、正礼装として認められます。

既婚女性が和服の正礼装を身につける機会としては、自分の娘や親族の結婚式が挙げられます。どの範囲までがこの黒留袖、五つ紋を身につけるのかは、地域によっても考え方が異なります。正礼装を身につけるべきなのかどうか迷ったときには、事前に確認しておくと安心です。

準礼装

礼服を身につける場面でも、「正礼装では格式が高すぎて、やりすぎになってしまう」という場面は、決して少なくありません。このような場面で選ばれるのが準礼装で、正礼装に次いで格式の高い衣装となります。

この準礼装には、以下のような種類の和服が含まれます。

  • 振袖
  • 色留袖、三つ紋

振袖といえば、成人式で女性が着用する着物というイメージも強いものです。実際には「未婚女性のための準礼装」であり、七五三で女の子が身につけているのも、こちらの振袖です。成人式以外でも、結婚式やパーティーなど、さまざまな場面で着用することが可能となっています。非常に華やかな衣装なので、周囲の人の目を楽しませてくれることでしょう。

一方で既婚女性にとっての準礼装は、三つ紋が入った色留袖です。黒以外の生地で作られていて、やはり帯から下の裾部分に、柄があしらわれています。両胸・背中の3箇所に入れられた家紋を三つ紋と言い、準礼装の証となります。結婚式のほか、授与式や祝賀会など、あらたまった場所で身につける衣装です。

略礼装

準礼装よりもさらに下の格式となるのが、略礼装です。礼装の中でも比較的手軽に着用できる衣装ですから、幅広いシーンで活用できます。

  • 訪問着
  • 付下
  • 色無地、一つ紋

訪問着は胸から裾まで柄が入っている着物で、色留袖をシンプルにした衣装として扱われています。独身女性から既婚女性まで幅広く着用することができ、入学式や七五三(親)の衣装としても一般的です。

訪問着よりもさらにカジュアルな雰囲気を演出したい場合に着用するのが付下です。色無地は、家紋が入っていないものを礼装として扱うことはできません。礼装として身につけたいのであれば、背中に一つ、家紋が入っていることを確かめてください。

和服の喪服のランクについて

和服の喪服のランクについて

先ほど、「和服の喪服は、礼装の種類の中の一つ」と説明しました。礼装にランクがあるのと同様に、実は喪服にもランクがあり、自身の立場に合わせて適切な衣装を身につける必要があるのです。

喪服着物のランクについて、高い順に紹介していきます。

正喪服

喪服着物の中でも、もっともランクが高いものが正喪服と呼ばれます。真っ黒の無地の着物に五つ紋が入っています。使われる生地には地域差がありますが、黒の羽二重や一越縮緬(ひとこしちりめん)が使われるケースが多いようです。

お葬式でも正喪服を身につける人はごく限られており、喪主や故人の家族などがこちらに当たります。また亡くなった方との繋がりが深く、家族と同じような立場で扱われる方が、正喪服を身につけるケースもあります。

準喪服

家族以外のお葬式で、一般的に身につけられるのが、こちらの準喪服、略喪服です。灰色や茶色といった、暗くくすんだ色の色無地に、背中の一つ紋を入れることで準喪服となります。この場合、帯や小物類は、黒で統一するようにしましょう。

喪服=黒というイメージも強いですが、和装の場合はくすんだ色が使われるケースも少なくありません。帯にも「黒以外のくすんだ色」を選択する場合、準喪服よりもさらに格式が下がり、略喪服となります。

喪服の格式は、お葬式から日が経つにつれて、下げていくのが一般的です。例えば身内の誰かが亡くなったときには、親族は正喪服を身につけるもの。とはいえ、ずっとそのままというわけにはいきません。通夜・初七日や四十九日、一周忌・三回忌以降の法事などでは、準喪服や略喪服なども取り入れて、徐々に格を落としていく必要があります。

お葬式に参列する側であった場合にも、こちらは礼儀となりますから、ぜひ意識してみてください。

何かイベントごとがあったときに、「和服を着用しよう!」と思うと、和服を着るということだけに一生懸命になってしまう方はいませんか?もちろん意気込んでしまうことは悪いことではありません。

確かに和服は洋服とは違い、着付けを行う必要があり、「とにかく着用するので精いっぱい」ということになってしまいがちかもしれません。しかし実際には、和服であればどのような場面にも対応できるというわけではなく、場面に応じて礼装や喪服、そして格式などを選択する必要があるのです。

礼服と喪服の違いや、それぞれの和装の格式について理解することができれば、どのような場面であっても自信を持って和装を楽しむことができるでしょう。せっかく着物を着ていても、格式や種類においてマナー違反と判断されてしまうのは、非常に残念なことです。基本的な知識をしっかりと身につけた上で、着付けや和服の文化について、学んでみてはいかがでしょうか。より深い学びにつながるでしょう。

TOPへ戻る

一から学べる無料体験講座。花京都きもの学院

東京の教室人気ランキング
大阪の教室人気ランキング

着付け教室に関する基礎知識

着付け教室の選び方

掲載教室一覧