着付けスタイリストと着付け師を徹底比較!

着付けスタイリストと着付け師を徹底比較!

着物が大好きで着付けも得意な人は、人に着物を着せる仕事に関心を持ったことがあるはず。着付け関係の仕事というと、着付けを教える先生になるか、着付け師として美容院や結婚式場に勤めるといったものがポピュラーでしたが、最近は着付けスタイリストなども登場しバリエーションが増えています。着付けの仕事を目指す人のために、今ドキの着付けの仕事についての情報をご紹介します。

着付けは大きく分けると美容系と呉服系がある

自分で着物を着ることができない人にとって、結婚式やお呼ばれの席のために着付けをしてくれる着付け師は心強い存在。その着付けの仕事は、美容系と呉服系に大きく分けることができます。

美容系とはどのようなジャンルかというと、主に婚礼関係の着付けをする仕事。ヘアメイクも含めた着付けをすることが、主な仕事内容となります。勤務先は結婚式場や美容院などが多く、専属ではなく契約で担うことも多い仕事です。

呉服系は、成人式やお正月、茶会などで着物を着たい人のために自分で着られるよう指導する、人に着付けをすることが主な仕事。伝統行事に関わる内容でもあるので、和装マナーやTPOにも精通していることが望まれます。昔ながらの着付けの先生もこのジャンルに含まれ、帯や織物の種類など、トータルな知識が問われるのも特徴です。

最近は第三勢力「着付けスタイリスト」が増加

こうした従来の着付け師に加えて最近見聞きするようになったのが、着付けスタイリストやきものスタイリストといった、第三勢力とも言える着付け師です。これはマスコミ関連の仕事などで、着付けを含めたトータルなスタイリングを行う人が自称していることも多く、「着付け技能士」のような国家資格を持つ着付け師とは異なります。

着付けスタイリストはつてで仕事を請け負うことが多いようで、資格を問われるわけではないため名乗ったもの勝ちという部分もある様子。そのため、スタイリストではあるけれど着付けの教育を受けていない、「着付け技能士」の資格を持っていないなどの場合も多いようです。とはいえ「着付け技能士」が国家資格になったのは2010年のこととまだ歴史は浅く、着付けを教える学校や先生によって、それぞれのカリキュラムに沿った指導がされることが従来の着付け教育でした。

しかし国家資格がなくても、着付け関係の仕事をすることには差し支えないと言えるでしょう。例えば「一般財団法人 民族衣裳文化普及協会」という団体では、国家資格ではないですが「きもの着装技術師」という資格を発行しており、「着付け技能士」同様、結婚式場などに勤めることもできるのです。

着付けスタイリストの問題点

着付けスタイリストやきものスタイリストは、美容院や結婚式場などの他にスタイリスト事務所に所属している人もいます。おしゃれな響きのせいか、従来からある着付け師よりも着付けスタイリストを目指す人も増えているようです。

しかし問題もあり、着付け教室や先生のもとで学んでいない人もいるためか、トータルな着物の知識に欠ける人がいることが挙げられます。「着付け技能士」の資格を取るには、着物の歴史や染色、繊維など、着物に関する様々な知識が要求されます。そのため、着物にまつわる知識でいえば呉服系の着付け師の方が優れていると言えるかもしれません。

正統派な着付けを学びたい人は「呉服系」の教室を

着付けスタイリストには着物全般の知識やTPOの知識が不足している人が多いことを考えると、呉服系の着付けを仕事にする際にはやや心もとないかもしれません。呉服系の仕事も受けるためには、着物全般の知識を学べる学校へ通うか、そうした先生に教えて頂くことをお勧めします。

また、着付けをするだけの仕事は特に資格がなくてもできるのですが、人に着付けを教える講師になるには、国家資格である「着付け技能士」の資格を取った方が肩書に説得力を持たせることができるはず。今は美容系の着付けのみでよいと思っている人も、のちのち講師の仕事も頂くようになった場合は、やはり資格を持っている方が話はスムーズになることでしょう。

まとめ

着付けに関わる仕事は色々ありますが、目的は人に着付けを教える講師的なものと、人が着物を着ることをお手伝いするスタイリスト的な仕事に大別できます。どちらを目指すか、どのジャンルで活躍していきたいか、目的を決めて学びましょう。

TOPへ戻る

一から学べる無料体験講座。花京都きもの学院

東京の教室人気ランキング
大阪の教室人気ランキング

着付け教室に関する基礎知識

着付け教室の選び方

掲載教室一覧