高槻・吹田・茨城・枚方のおすすめ教室5選

近年「大人のための習い事」として注目を集めているのが、着付け教室です。「これまでとは少し違った習い事をしてみたい」「実際にスキルとして生かせることを学びたい」など、さまざまな理由で人気を集めています。

和風の文化に興味を抱く外国人が増えていることもあり、着付けを学んでおくと何かと便利なことも多いのではないでしょうか。

とはいえ「着付け教室に通う」ことを検討するのであれば、どうしても気になってしまうのがその費用についてです。実際に教室に通う場合には、何にいくらぐらいのお金がかかるものなのでしょうか。教室選びの前に知っておきたいお金の基礎知識を紹介します。

着付け教室に通うための費用は?

着付け教室に通うための費用は?

着付け教室に通うためには、さまざまな費用が必要となります。もちろん教室によって差はありますが、「ある程度の目安」を知っておくだけで安心できる方も多いことでしょう。

着付け教室でかかる費用名目とおおよその金額は、以下のとおりです。

・入学金……3,000円~10,000円前後
・月謝・受講費……7,000円~20,000円前後
・テキスト代・教材費……1,000円~10,000円前後
・着物や小物にかかる費用……数千円~
・資格認定料……スクールによって大きく異なる

こうして具体的な数字をチェックしてみると、教室によって大幅な差があることがわかります。安い教室を選べば、ごく限られた費用でも「着付け」について学ぶことができるでしょう。しかしある程度大手の、しっかりとしたレッスン体系を整えているスクールの場合、やはり「それなりの金額がかかる」というのが本当のところです。

着付け教室の各講座は、大体3ヶ月~6ヶ月程度の長さで開講されているケースが多いものです。この期間にどれだけの費用を投じることになるのか、各スクールの「総額」で検討してみるとわかりやすくなるでしょう。

ただしスクールによっては、「入学金」や「受講費」など、金額を明記しているところもあれば「要問合せ」としているところも少なくありません。「なんとなくこの程度かな?」と安易に予想し、契約を結ぶのではなく、気になるポイントは事前にしっかりとチェックしておいた方が良いでしょう。

また「費用が気になって着付け教室に通うのをためらっている」という場合にも、簡単にあきらめる必要はありません。たとえば自治体が行っているカルチャースクールなどでは、格安で着付け教室が開講されているようなケースもあります。個人経営の着物屋さんが宣伝のために教室を開き、受講料を抑えている教室も少なくありません。

「本当に続けられるかわからないけど、やってみたい!」という場合には、大手の着付け教室が行っている「無料講座」を活用するのも良いでしょう。費用面では、手軽に学び始めることができるはずです。

高槻・吹田・茨城・枚方のおすすめ教室5選

高槻・吹田・茨城・枚方のおすすめ教室5選

費用面での不安が解消できたところで、次は実際に希望の着付け教室を探してみよう!と思う方も多いことでしょう。

着付け教室は、やはり自宅や会社から比較的近く、通いやすいところを選択するのがおすすめです。今回は高槻・吹田・茨城・枚方方面でのおすすめの教室を5つ紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

【花 京都きもの学院 大阪高槻校】

東京と大阪に教室がある「花 京都きもの学院」では、メディアでも活躍する一流講師が着付け教室を担当しています。「からだにやさしい着付け」をモットーにしており、初心者にもわかりやすい形で着付けを教えてくれるでしょう。

学べるコースは10種類と豊富で、基礎コースは無料で学べます。無料でありながら、全8回でしっかりと学べる内容が好評です。入会金は無料ですが、教材費・教室維持費4,800円がかかります。また着付けに必要な着物・帯はレンタルが可能です。

【典雅きもの学院 吹田校】

着付け教室として、55年の歴史と実績を持つスクールです。15コースという豊富な内容の中から、自分にとって必要な情報を、少人数でしっかりと学べます。アットホームな雰囲気に惹かれる方も多いことでしょう。初心者コースは1回の授業料が500円と格安で学べます。着物や帯のレンタルも可能なので、安心です。

【近畿きもの学院】

全日本着装コンサルタント協会がバックアップする着付けの学校で、大阪府枚方市・吹田市・高槻市で教室を運営しています。初心者向けのコースからプロ養成コースまでそろっており、幅広い学びに対応可能です。レッスンの最大の特徴は、マンツーマンでしっかりと学べるという点にあります。学院でレッスンを受けることも、自宅でレッスンを受けることもできます。

入門コースの受講費は、1回あたり4,000円です。全7回の講座内容となっています。

【西村和裁学院】

枚方市くずはに本校を持つのが、西村和装学院です。和裁だけではなく、着付け教室も行っており本格的に学ぶことができます。初心者からでもしっかりと着付けができるよう、サポートしてもらえます。

着付け教室の月謝は5,000円~6,500円ほどで、このほかに年に2回の維持費や入学金5,000円がかかります。着付けを学ぶにあたって、帯や小物の購入を強制しないと明記しており、安心して着付けを学ぶことができます。

着物を着て出かけられるようなイベントも豊富で、楽しみながら上達していけることでしょう。

【榊きもの教室】

大阪市高槻にある榊きもの教室は、杉本美穂きもの学院指定の教室で、マンツーマンの個別レッスン方式を採用しています。日時フリーで、都合の良い時間に予約を取るシステムなので、忙しい人でも気軽に通いやすいという特徴があります。自分で着物が着られるようになることを目指す一般向けコースのほか、プロの着付け師を養成するコースもあります。

入学金10,000円と受講料は1回3,000円からで、手ぶらで気軽に受講できます。

好みの教室を見つけたら、まずはリサーチを開始しましょう。資料請求をしてみるのも良いですし、実際に無料体験に出かけてみるのもおすすめです。

無料で必要なものをレンタルできる教室もある

無料で必要なものをレンタルできる教室もある

着付け教室にかかる費用の中で、見落としてしまいがちなのが、着物や小物にかかる購入費用です。特に着物や帯を購入しようと思えば、数万円から数十万円という金額がかかるケースも少なくありません。着付け教室の中には、着物や小物の取り扱いについて、さまざまなパターンで経営を行っているところがあります。事前にチェックしておきましょう。

・着物、小物共にレンタル可能(無料)
・着物、小物共にレンタル可能(有料)
・小物のみレンタル可能
・すべて購入が必要

着付けを習うためのセットを所有しているかどうかによっても、どこを選ぶと一番お得なのかは変わってきます。「何も持っていないけれど、とにかくお得に習い始めたい」と思うときには、無料で必要なものをレンタルしてくれる教室を選択するのがおすすめです。

着付け教室に必要な費用は、教室によって大きく異なる

着付け教室=高いというイメージを抱く方も多いかもしれませんが、実際には、「教室によって必要なお金は変わってくる」というのが実情です。「あまり費用をかけたくない」という方でも、教室選びに工夫をすることで、リーズナブルに着付けの勉強をスタートすることができるでしょう。

また着付け教室で必要な費用の項目は、多岐にわたります。「毎月の授業料」だけに注目していると、「卒業までに意外と費用がかかってしまった! こんなはずじゃなかったのに……」なんてことにもなりかねないので注意が必要です。どのタイミングでどんな費用がかかるのか、総合的に検討すると良いでしょう。

安心して学べる着付け教室を見つけられたら、自分自身が満足できる知識と技術を身につけられるまで、長くお世話になることも可能なはずです。わからないことは教室側に事前に確認し、できれば教室の雰囲気も実際に確かめに行ってみてください。

今回紹介した「高槻・吹田・茨城・枚方のおすすめ教室5選」も参考にして、自分の目的と予算に合った着付け教室選びを実践してみてはいかがでしょうか。

TOPへ戻る

一から学べる無料体験講座。花京都きもの学院

東京の教室人気ランキング
大阪の教室人気ランキング

着付け教室に関する基礎知識

着付け教室の選び方

掲載教室一覧