着物と浴衣の違いは?

日常生活の中で和服を上手に着こなす方を見て、「素敵だな」と思った経験はありませんか? 日本の伝統的な衣服である着物や浴衣は、やはり日本ならではの風景にもなじみやすいもの。ちょっと改まったような場面でも、堂々と着こなすことができますよね。

こうした方々から良い影響を受けて、「着付けを習ってみたい!」と思う方も増えてきています。

せっかく着付けに興味を抱き始めたら、和服に関する正しい知識を身につけてみませんか? 知っているようで意外と知らない、和服の世界の基礎知識を紹介していきます。今回は、「着物」と「浴衣」の違いについて、わかりやすく解説していきます。

生地に使われる素材の違い

生地に使われる素材の違い

浴衣と着物の違いは、実はそれほど多くはありません。

・形状
・構造
・仕立て方

これらの点について、浴衣と着物の間には、ほとんど差がないのです。どちらも同じような衣服、というわけですね。

ではどのようなところに違いがあるのかというと、「生地に使われる素材」なのです。

浴衣は主に、木綿を使って作られています。現在流通しているオシャレな浴衣の中には、麻や絹を混ぜて作られているものもありますが、基本的には木綿100%の生地が使われています。

なぜ木綿かというと、肌触りがよく、しかも吸湿性にも優れているため。夏の汗ばんだ季節やお風呂上りにも、気持ちよく着られる、というわけですね。

このため浴衣は、もともと「お風呂上りの素肌に身につけ、就寝中に使う衣服」として親しまれてきたのです。もちろん寝間着としての浴衣に「デザイン性」や「オシャレさ」は必要なく、白や紺などのシンプルなものが一般的でした。

現代における「浴衣」は、夏のオシャレ着の一つとして独自の発展を遂げています。とはいえ「夏の汗ばむ季節でも快適に身につけられる衣服」という意味合いは変わっておらず、だからこそ「木綿」を使って作られるケースがほとんどなのです。

一方で着物は、木綿、絹、ウール、化学繊維など、非常にさまざまな生地を使って作られています。実は浴衣も着物の一種で、「着物の中でも木綿で作られていて、夏の就寝時やオシャレに使うもの」のことを浴衣と呼び、区別しているというわけです。

裏地があるものもあれば、裏地がないものもあります。裏地があるかどうかで防寒性能が異なるため、季節に合わせて着用する着物を選べるようになっています。

着付けをマスターして自分で着られるようになったら、ぜひこのあたりについても、意識したいところですね。

着用する場面の違い

着用する場面の違い

浴衣と着物には、それぞれ着用する場面にも違いがあります。夏の夜のお祭りに「着物」を着用した人がいれば、周囲の人は違和感を抱くことでしょう。同様に、春の入学式に「浴衣」を着用した人がいれば、やはり「え!?」と思ってしまいます。

先ほども申し上げたとおり、浴衣を着用する場面としては「夏」が基本です。特に「外出着」として着用するのは、「夏のイベント時」であるケースがほとんどでしょう。

一方で「寝間着」として着用する場合には、一年中いつでも使うことができます。この場合、現代風のオシャレで華やかな浴衣ではなく、旅館などで用意されているような、シンプルなタイプを選択すると寝心地が良くなります。

一方で着物は、着方に工夫を凝らすことで、どのような場面でも対応できる衣服となります。

・結婚式
・入学式
・卒業式

これらの華やかなイベントの他にも、

・同窓会
・演劇鑑賞

など、日常的なお出かけにも活用できることでしょう。生地の厚みや裏地の有無で調整することで、オールシーズン着用することができます。

着物を着る際には、必ず下に長襦袢を着用します。浴衣を着る場合には長襦袢を身につけないケースも多いので、こちらも両者の違いと言えます。

ただし浴衣の中にも例外はあり、「高級浴衣」というものが存在しています。こちらは、通常の浴衣としての機能も持ち合わせていますが、中に長襦袢を合わせて「外出着」として着用することも可能です。こうした浴衣が存在しているからこそ、着物と浴衣の違いで悩む方も多いわけですが、基本的には以上のようなポイントで、両者の違いが生まれています。

着方の違い

着方の違い

浴衣と着物の違い、最後の一つは「着方」における違いについてです。こちらは「着付け」にも深く関わるポイントですから、興味を抱く方も多いことでしょう。

構造的には大きな違いがない「着物」と「浴衣」ですが、実際に身につけているところを見てみると、細かな違いが多数あることがお分かりいただけるはずです。

まずは襟元についてですが、着物の場合は半襟がありますが、浴衣の場合はありません。足元をチェックしてみると、着物の場合は「足袋に草履」が基本ですが、浴衣の場合は「素足に下駄」で、より涼しげな印象だと言えます。

帯についても意外と違いが多く、着物を着る際には「袋帯」や「名古屋帯」などが使われています。帯留めも使って華やかに仕上げるのが基本です。一方で浴衣を着用する際に使われるのは、「半幅帯」や「兵児帯」です。帯留めを使うことはありません。

着物の帯の結び方としては、「二十太鼓結び」や「角だし結び」のほか、振袖の場合には「立て矢結び」や「花結び」などが用いられています。浴衣の場合には、「文庫結び」や「蝶結び」などが多く使われます。

全体的に見て、やはり着物よりも浴衣の方が、カジュアルな印象になっています。これは、着物と浴衣の意味合いの違いや、長い歴史の中で培われてきた着用シーンの違いなどが、それぞれの特徴を生み出しているのでしょう。

着付けを学ぶ目的は人それぞれですから、

・きっちりした場面で着物を着られるようになりたい
・夏祭りなどで、自信を持って浴衣を身につけられるようになりたい

など、「着用シーンが全く異なる」ということも考えられます。自身が目的とする着用シーンに対応できる知識・技術を身につけることで、着付け教室に通ったときの満足度も大きくアップするでしょう。

★浴衣と着物、着付けの方法に違いはあるの?

これから着付けを習おうと思っている方の中には、「これまでの人生の中で、浴衣は自分で着たことがあるけれど、着物は難しそう!」と感じている方もいるでしょう。

確かに着物は、浴衣よりも改まった場所で身につける衣服ですし、身につける物の数も多いという特徴があります。「なんとなく難しそう」というイメージを抱いてしまうのも、無理はないことかもしれません。

しかし両者の構造にほとんど違いがないことからも、「必要な着付けのスキルは、実はそれほど変わらない」とも言えるのです。それぞれに必要な知識を身につけたら、あとは実践あるのみです。

繰り返し着付けの練習を積んでいくことで、浴衣も着物も美しく着られるようになりますから、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

浴衣と着物の違いを知って、一年中和服姿を楽しんでみませんか?

浴衣と着物の違いは、いかがでしたか? 「大きく違うように思っていたけれど、実はそれほど違いがないんだなぁ」と感じた方も多いのかもしれませんね。

生地や目的は異なるものの、両者の構造はほとんど同じです。「浴衣を着たことがある」という方であれば、「着物の着付け」に対して、過度に身構える必要はありません。着付け教室に通うようになれば、着物を着用するための手順について、一つずつ丁寧に教えてもらえることでしょう。

浴衣だけではなく、着物全体を着られるようになれば、和服を楽しむシチュエーションはぐんと広がります。「素敵だな」と憧れていた人に、自分自身が近付くことも可能になるでしょう。美容室で着付けてもらう必要がなくなれば、より手軽に和服の世界を楽しめるようになりそうですね。

費用面での不安を抱える方もいるかもしれませんが、事前にしっかりとリサーチすることで、納得いく教室を選ぶことができるでしょう。「まずは浴衣を着られるようになりたい」「しっかりと着物を着付けたい!」など、目的に合わせた教室選びを実践してみてください。よりステキに輝ける自分へと、徐々に変身していけるはずですよ。

TOPへ戻る

一から学べる無料体験講座。花京都きもの学院

東京の教室人気ランキング
大阪の教室人気ランキング

着付け教室に関する基礎知識

着付け教室の選び方

掲載教室一覧