訪問着を着るときのマナー

着付けを習い始めたら、「自分自身で着付けをして、出かけるチャンスを増やしたい!」と考える方も多いことでしょう。着用する機会が多い着物としては、訪問着が挙げられます。

訪問着とはどのような着物で、どういったマナーを守って着用することが求められるのでしょうか。訪問着を楽しみたいシチュエーションと共に、詳しく解説していきます。

「自信を持って、もっと着物を楽しみたい!」と思ったら、ぜひチェックしてみてくださいね。

訪問着とは?

訪問着とは?

訪問着は、和装の中でも状況を選ばず着用できる着物として、人気を集めています。たとえば振袖が「未婚女性のための衣装」というのは、よく知られた話です。訪問着にはこのような決まりは存在しておらず、未婚・既婚を問わず、着用することができます。

また訪問着には、フォーマルな場面でもカジュアルな場面でも着用できるという特徴があります。だからこそ、着付けを習い始めた方にとってもオススメできる着物の種類であり、持っておいて損はない種類の着物であると言えるでしょう。

訪問着の特徴は、袖が約60cmと短いことが挙げられます。また、絵羽模様といわれる美しい模様も、訪問着ならではの特徴の一つとなっています。縫い目をまたぎ、柄が繋がるように仕立てられていますから、見た目が非常に華やかで、周囲の方々をも楽しませてくれます。留袖の場合は、裾部分にしか模様があしらわれていないため、フォーマルではありますが「座ったときに全体的にシンプルに感じてしまう」という特徴があります。一方で訪問着の場合には、上半身部分にも柄がありますから、帯と合わせてさまざまな色柄模様を楽しむことができるでしょう。自身の個性を演出しやすい着物として、幅広い世代の女性たちから支持されています。

訪問着が誕生したのは、大正時代のことだったと言われています。和装の中では、比較的歴史が浅い着物であると言えるでしょう。

もともとは、よりフォーマルな留袖と、よりカジュアルな日常着があれば十分だったのですが、この時代になると「やはりそれだけでは、さまざまな場面に対応できない」と考える方も増えていました。こうした要望に応える形で誕生したのが、両者の間の格式となる、訪問着です。「準礼装」から「略礼装」に当たる着物となり、「ちょっとしたお呼ばれ」から「パーティー」などにも対応できます。

結婚式で訪問着を着用する際のマナー

結婚式で訪問着を着用する際のマナー

現代社会において、訪問着を来て出かける機会が多い場所といえば、結婚式です。結婚式のような華やかな場面は、着物で出かけるにもピッタリの場所。和装姿の女性たちは、おめでたい雰囲気をより引き立ててくれる存在ですから、新郎新婦からもきっと喜ばれることでしょう。

とはいえ、結婚式において訪問着を着用したいと思った場合には、いくつか守るべきマナーがあります。頭に入れておくことで、自分自身も堂々と和装姿を披露することができますし、また新郎新婦や周囲のゲストを不快にさせることもなくなるはずです。

まず、結婚式で訪問着を着用できるのは、結婚式にゲストとして招かれた場合となります。新郎新婦の親族として結婚式に参列する場合の衣装としては、より格式の高い留袖や振袖を選択するのが基本となります。一方で、ゲストとして招かれた場合に、あまりにも格式が高い装いをするのは、マナー違反となってしまいますから、こうした意味でも「ゲスト=訪問着」という組み合わせは、理に適っていると言えるでしょう。

色柄の自由度が比較的高いのが訪問着の特徴ではありますが、結婚式の主役は、あくまでも新郎新婦です。二人よりも目立ってしまうような色柄物は避けるようにしてください。また洋装と同じく、「全身が白一色に見える」など、花嫁の存在を無視するような着物は選ばないようにしてください。「若干クリーム色がかっているから、大丈夫だろう」と思うような場面でも、「いざ写真撮影をしてみたら、全身真っ白に見えてしまった!」なんてケースも少なくありません。ゲストとしての心得を、しっかりと胸に刻み込んでおきましょう。

とはいえ、和装の場合には帯や小物などで色味をプラスすることも難しくありません。花嫁と印象が被らないよう、配慮しながら小物選びを楽しんでみてください。

また黒っぽい色を選択すると、今度は親族の方々と見分けがつきにくくなってしまうというリスクもあります。こちらについても意識しながら、場の雰囲気を明るくできるような着物を選択するのがオススメです。

先ほどもお伝えしたとおり、訪問着は未婚女性でも既婚女性でも着られるという特徴があります。独身女性の和装といえば、振袖が一般的ですが、成人式で身につけたような派手な振袖を選択すると、花嫁よりも目立ってしまうこともあり得るでしょう。少しおとなしい印象の訪問着をあえて選ぶということも、新郎新婦への気遣いだと言えます。

「結婚式のためにわざわざ訪問着を購入するのは難しい……」という場合には、レンタル着物の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

自分自身に着付けの技術が身についていれば、和装を一式でレンタルしたとしても、余計なコストがかさむことはありません。届いた着物を自分で着付ければ良いだけですし、美容院の予約との兼ね合いで悩むこともないでしょう。

着物のレンタルショップであれば、結婚式にオススメの訪問着も種類豊富にそろっています。派手になり過ぎないもので、結婚式にふさわしいようなおめでたい柄の中から、自分自身をより魅力的に見せてくれる衣装を選んでみてください。

訪問着の色選びのコツについて

訪問着の色選びのコツについて

色・柄共に自由度の高い訪問着だからこそ、「自分に合う着物を見つけるのが難しい!」と感じる方もいるかもしれません。自由度が高い衣装だからこそ、似合うものをチョイスして身につけることも、大切なマナーです。幅広い年齢層にフィットしやすい訪問着は、以下のとおりです。

淡いピンク

女性らしさを感じさせるピンクは、訪問着においても人気の色味です。派手なピンクではなく、淡い色合いを選択することで、幅広い世代の女性たちにフィットするでしょう。小物選び一つで印象が変わりやすいので、臨機応変に楽しめる点も魅力の一つだと言えます。

古典柄

現代の和装には、さまざまな色柄が登場し、モダンな雰囲気を楽しむこともできるようになっています。とはいえ結婚式などの改まった場所で着用しようと思うと、カジュアルな雰囲気になり過ぎることがあるので、注意が必要です。

その点、古典柄であれば全身をシックにまとめることができ、フォーマルらしさも演出できることでしょう。古典柄にもいろいろありますが、自分自身に似合いそうなものをピックアップしてみてください。

濃地

結婚式の式場は、淡いカラーで全体がまとめられていることも多いもの。こんな場面で映える衣装を選びたい!と思うときには、濃地の着物を選択するのもオススメです。シックな印象になりますし、体型カバー効果も高いと考えられます。

訪問着選びにもマナーは大切

着付けをマスターすると、「着物でお出かけする機会を増やしたい!」と思う方も多いことでしょう。着付けの腕をより一層高めていくためには、着物を着用する機会を増やすのが一番ですから、ぜひ積極的に実践してみると良いでしょう。訪問着であれば、どのような場面でもしっくりと馴染みやすいという特徴があります。カジュアルなシーンでもオフィシャルなシーンでも、幅広く活躍してくれることでしょう。

訪問着を着用して改まった場所に出かける場合には、格式や色柄に注意する必要があります。特に結婚式においては、新郎新婦や親族よりも目立たないよう、配慮してください。マナーを守った装いで参列すれば、「和装の女性」は式場の華として活躍してくれるもの。会場全体に、「おめでたい雰囲気」を広めてくれそうですね。

種類豊富な訪問着だからこそ、身につける衣装で迷ったときには「まずはレンタルしてみる」のもオススメの方法です。自分に似合う着物を見つけたら購入する!という流れで動くと、理想の着物も見つけやすくなるでしょう。

TOPへ戻る

一から学べる無料体験講座。花京都きもの学院

東京の教室人気ランキング
大阪の教室人気ランキング

着付け教室に関する基礎知識

着付け教室の選び方

掲載教室一覧