着付け教室はクレームが多い?

大人の習い事として、近年人気を集めているのが「着付け教室」です。

せっかくだから他の人とは違う習い事がしてみたい!
和服の世界に興味がある。
母から譲り受けた着物を、自分で着られるようになりたい!

このような理由から、着付け教室に通う方も増えてきているのですね。それに伴って、着付け教室そのものの数も非常に増えてきており、注目度が高まっていると言えるでしょう。

着付けを習いたい!と思う方にとって、選択肢が多いのは好ましいこと。しかし一方で、教室選びがクレームにつながってしまうケースも少なくないのが現実です。具体的にどのようなクレームがあり、なぜそのような事態が引き起こされてしまうのでしょうか。トラブルを避けるために意識したいポイントと共に、わかりやすくお伝えしていきます。

着付け教室でよくあるクレーム

着付け教室でよくあるクレーム

着付け教室で学びたい!と思ったときには、「これから自分ができるようになること」を頭に思い浮かべて、ドキドキワクワクしている方も多いことでしょう。せっかくですから、楽しい気持ちのまま教室に通い続けたいところ。しかし実際には、「思っていた感じと違った……」と、ガッカリしてしまう方もいます。

実は着付け教室では、利用者からクレームが上がるケースも少なくありません。実際にクレームのポイントとなるのは、以下のような点です。

  • ・無料で受講できる教室のはずが、料金を提示された
  • ・高額な着物を購入するよう、求められた
  • ・強引な勧誘にあった
  • ・お金に関する説明がよくわからないまま、レッスンがスタートしてしまった

着付け教室に関するトラブルで多いのは、圧倒的に「お金」に関するもの。受講料の仕組みが複雑だったり、受講生への事前説明が不足していたりすることが原因で、こうした事態が引き起こされてしまいます。

また着付け教室で実技を学ぶために欠かせないアイテムといえば「着物」です。この着物が高額であるという点も、着付け教室にクレームが多い要因の一つだと言えるでしょう。

着付け教室には以下のようなタイプがあります。

  • ・レッスン料を控えめにして、着物の購入費用で儲けを出すタイプ
  • ・わざわざ購入しなくても、レッスンに必要な着物はレンタルで対応できるタイプ(有料)
  • ・着物レンタル料まで、レッスン料に含まれているタイプ
  • ・自宅から持参した着物をレッスンで利用できるタイプ

レッスンで必要な着物に対する対応は、教室によって異なるのが実情です。「そのほかの教室では○○だったから」という思い込みで教室を決めてしまうと、「こんなはずではなかった!」なんて感じるケースも少なくありません。

着付け教室を運営する業者の中には、「受講費」や「着物に関する費用」について、あえて曖昧に記載した状態で受講生を募集するようなケースもあります。こちらもまた、レッスンがスタートしてからのクレームにつながってしまう原因の一つです。

何故クレームが多いのか

何故クレームが多いのか

お金の問題以外にも、着付け教室では「思っていた感じと違う」というクレームも多く寄せられがちです。では、なぜ着付け教室にはこのようなクレームが多く寄せられるのでしょうか。ここには、先ほど挙げた「業者による説明不足」以外にも、以下のような原因があると考えられています。

  • ・「着付け教室」というイメージが先行している
  • ・講師や教室との相性を、見極めにくい
  • ・何を学びたいのか、ハッキリしていないケースが多い

「着付け教室で学びたい!」という方は増えている一方で、「着付け教室に通って、具体的に何を学びたいと思っているのか」にまで考えが及んでいないケースは、決して少なくありません。

「着物に関する教室」というイメージが先行していて、「着付け教室にさえ通えば、こんなことができるはず!」という期待ばかりが大きくなってしまうのですね。

しかし実際には、自分で着物を着られるようになるための「自装」をメインに学ぶ教室もあれば、他人に着付けられるようになるための「他装」をメインに学ぶ教室もあります。どのような目的で着付けを習いたいのかによって、選ぶべき教室の種類は大きく変わってくるでしょう。

また着付け教室も、そのほかの習い事と同様に、教室や講師との相性も重要なポイントとなります。着付け教室の数は増加傾向にあるとはいえ、まだまだその種類が限られているという実情もあります。たとえばピアノ教室などと比較すると、その差は明確だと言えるでしょう。

自分が通える範囲に着付け教室を見つけたら、それだけで満足して「教室の雰囲気」や「講師陣の質」にまで目を向けないまま契約してしまう方も少なくありません。実際にレッスンがスタートしてみると、「思っていたのと何かが違う」なんて感覚になってしまうのですね。

最後のポイントは、「着付け」というものが、まだまだ一般に広く認知されていないことに関連しています。「着付け教室で学びたい」と漠然と考え始めても、受講前に、「そこで具体的に、何をしたいのか」にまで思いを馳せることは難しいでしょう。

この結果、「別にそこまで求めてはいなかったのに、半ば強引に資格を取らされた」なんてクレームにつながってしまうこともあります。

金銭的なクレームについては、教室運営側が適切な情報を開示し、利用者が納得できるまで丁寧に説明することで、解決できる可能性が高いです。

一方で、教室で知識を提供する側と提供される側との間のギャップは、受講生側の努力がなければ埋められないもの。教室決定の前には、自分の気持ちをはっきりさせておくことも大切です。

クレームにつながらないようにするには

クレームにつながらないようにするには

自分にとって理想の着付け教室を見つけ、気持ちの良い環境で学ぶためには、教室選びの段階で慎重に検討し、最終的な決定を下すことが何よりも重要なポイントとなります。

クレームを生み出さないためにも、ぜひ以下の二つのポイントについて意識してみてください。

自分の目的に合った教室を見つける

着付け教室選びで満足するためのポイントは、「自分の目的に合った教室」を選ぶということです。言葉にするのは簡単ですが、実践するのは意外と難しいもの。以下の手順に沿って、手続きを進めてみてください。

  • 1.まずは自分の「目的」をはっきりさせる
  • 2.そのために必要な「技術」をリサーチする
  • 3.その技術の習得に力を入れている教室を探す
  • 4.実際に通っている方の口コミも参考にする
  • 5.教室に見学に行ってみる
  • 6.気に入ったら契約をする

着付け教室で学ぶことを考え始めたら、ぜひ「何を学びたいのか」にまで意識を向けてみてください。こうすることで、教室側とのギャップを小さくすることができます。

その「目的」に沿った教室選びをすることで、「どの教室を選べば良いのかわからない!」なんて悩む可能性も少なくなるはずです。

また、一定期間通うことになる教室だからこそ、「利用者の口コミ情報」や「実際の雰囲気」は貴重な判断基準の一つとなります。少し面倒に感じるかもしれませんが、これらのチェックを怠らないことで、より満足度も高まるでしょう。

わからないことは積極的に問い合わせをする

初めての着付け教室選びでは、わからないことがあるのは当然のこと。それをそのままにして、契約をするのはオススメできません。

  • ・レッスン料について
  • ・着物について
  • ・レッスン料以外に必要な費用について
  • ・無料レッスンの場合、いつから費用が発生するのかについて
  • ・欠席したときの対応について

これらの項目は、教室側の説明だけで理解しにくいポイントでもあります。自分が疑問に思うことは、ぜひ遠慮なく問い合わせてみてください。質問に対してどう対応してくれるのかによって、その教室の運営姿勢をチェックすることもできます。

まとめ

人気の習い事として注目を集めつつある着付け教室ですが、実際にはさまざまなクレームが寄せられている教室でもあります。大切なのは、「自分に合っていて、信頼できる着付け教室を選ぶ」ということ。そのために、教室選びの段階ではぜひ慎重に比較検討をしてみてください。

少しでも疑問に感じたことは、ぜひ積極的に質問してみると良いでしょう。自分にとって理想の着付け教室なのかどうか、判断するためのポイントになってくれます。

TOPへ戻る

一から学べる無料体験講座。花京都きもの学院

東京の教室人気ランキング
大阪の教室人気ランキング

着付け教室に関する基礎知識

着付け教室の選び方

掲載教室一覧