強引なセールスがないこと

○ 強引なセールスが怖いと思っている方へ

着付け教室に入ると、必要がない着物を買わされたり、あからさまに上級コースへの勧誘があるのでは?とイメージされている方がたくさんいらっしゃいます。事実を話すとなると、それらの案内はゼロではありません。新作の着物の案内や、上級コースの紹介があります。しかしそういった会社や国民生活センターへのクレームが殺到したため、強引に勧められるようなケースは昔にくらべ随分減ってきました。

なぜなら、そういった着物の販売方法が、現在の着物離れに繋がっていたということが少なからずあるからです。実際には、軽く勧められることはありますが、ちゃんと自分の意志でそれらの案内に参加したり、上級コースへの進級についてもご本人の意思を尊重しています。当サイトではそういった悪評のない教室をまとめて紹介しています。

大手の着付け教室になればなるほど、その傾向が強いですので安心して大丈夫ですよ。どこの教室でもそのイメージを払しょくするために苦心しています。

着物業界も、売らなければ商いが成り立ちません。そこを悪徳、強引と受け取るのも過剰被害になりますので、ご自身が必要だと感じた時に購入しましょう。大切なのはあなたの意思です。

○ 質の悪い着付け教室ほどトラブルになる

着付け教室のトラブル事例として過剰な接客や販売が見られるところもありますが、こういったトラブルに巻き込まれないようにするためには、興味をもった着付け教室の情報をインターネットなどの口コミ情報で事前に調べておくことです。

着物セミナー、帯セミナーと称した勉強会という名の販売会を実施しているところは、やはりクレームが多いようです。
着付け教室の名前を検索したときに1ページに悪い口コミの掲示板が上がってくるような着付け教室は受講を見合わせたほうが賢明かもしれません。

勧められても断る勇気があるから大丈夫と思っていても、複数人から勧められると断りづらくなってきます。断れなくてクレジットカードや分割払いなどで契約してしまったときでも、クーリング・オフで購入を無効にすることもできます。

○ 講師の先生が強引に勧めてくるのを回避する

着付けの指導をしてくれる講師の方から直接着物の購入や上級コースへの勧誘の強制を受けた時はどうすればいいでしょうか?またセミナーなどへ参加して着物を購入せざるを得ない流れになり、困ったという相談をされることがあります。

不要に感じるものは、きっぱり購入を断ってください。“講師”と“生徒”というしがらみの中で断る勇気を持つのは大変ですし、着物の知識がない方の場合だと、つい弱気になってしまいますが、お金を出すのはあなたです。あなたは教室にとっての“お客様”なのです。支払う側に一番の権限があるのですから、必要がなかったら堂々と断ってOKです。自分のために着物教室に通うのですから、ぜひご自身の気持ちを大切にしてくださいね。

またお稽古で使う着物や帯を持っていないときは、そこの学院のレンタルを上手に活用しましょう。安いからと言って安易にリサイクルショップで購入してしまうと、着物寸法が合わなかったり、昔の帯だと短いものが多いので、安物買いの銭失いになりやすいからです。

TOPへ戻る

一から学べる無料体験講座。花京都きもの学院

東京の教室人気ランキング
大阪の教室人気ランキング

着付け教室に関する基礎知識

着付け教室の選び方

掲載教室一覧