お宮参りに行く際の服装は?

赤ちゃんの誕生を祝い、健やかな成長を祈るための大切なセレモニーといえば、お宮参りです。赤ちゃんが誕生したあと、最初にやってくる大きな行事ですから、気合いが入るパパやママも多いのではないでしょうか。

とはいえ、子ども関連の行事は初めてだからこそ、「いったいどんな格好をしていけば良いの?」と悩むこともあるでしょう。お宮参りの際の服装について、知っておきたいポイントをまとめます。

赤ちゃん、パパ・ママ、祖父母など、立場別のピッタリな服装とは?

赤ちゃん、パパ・ママ、祖父母など、立場別のピッタリな服装とは?

お宮参りで悩みがちなポイントといえば、「どんな服装で出かければ良いのか」という点ですが、実際には、「このような格好をしなければならない」というルールは存在していません。家族が納得できていれば、普段着でも大丈夫です。神様に対して失礼に当たるようなことはないでしょう。

とはいえ、赤ちゃんにとってのお宮参りは、一生に一度の特別な機会です。特に少子化の現代においては、両家の祖父母が集まって、華やかなお祝い事として楽しむケースも少なくありません。このような場合には、やはりある程度フォーマルな装いをした方が、雰囲気にしっくり馴染むことでしょう。

フォーマルな格好にもいろいろありますが、お宮参りにちょうど良い服装とはどのようなものなのでしょうか。お宮参りに参列する方の立場別に紹介していきます。

赤ちゃん

赤ちゃんがお宮参りをする際の正式な衣装は、祝着です。まず白羽二重の着物を着せて、その上に紋付きの祝着をかぶせるスタイルが一般的です。男の子の場合は、黒や紫、青といったカラーの熨斗目模様が人気となっています。一方女の子の場合は、ピンクや赤、黄色など、華やかな色合いの友禅模様が定番です。

お宮参りは日本ならではの儀式であるため、和装を選択する方が多いのですが、近年ではさまざまな事情から洋装を選択する方も増えてきています。洋装の場合は、ベビードレスの上にケープをかぶせれば大丈夫です。

パパ・ママ

パパ・ママの衣装は、赤ちゃんの衣装を決めた後に、それに合わせる形で決定しましょう。まず赤ちゃんに和装を選択する場合、パパやママも和装でそろえるのがおすすめです。この場合、主役である赤ちゃんの服装の格に合わせることを意識してみてください。女性の場合は、訪問着、色無地、付け下げなどがおすすめです。男性の場合は、一つ紋もしくは三つ紋の羽織に、着物と袴を合わせるのがおすすめです。

赤ちゃんが洋装の場合には、パパやママもそれに合わせるのがおすすめです。ダークカラーのスーツや、ワンピース、セレモニースーツなどを準備しましょう。

近年では、赤ちゃんが和装でもパパやママは洋装というスタイルも増えてきています。ママの体調や授乳などとの兼ね合いも含めて、お出かけにぴったりな服装をチョイスしてみてください。

祖父母

祖父母も一緒にお宮参りに行く場合、服装のマナーはパパやママと同様です。できれば事前に服装について打ち合わせをしておくと、全員の衣装がちぐはぐになってしまうようなことにもなりません。お宮参りの主役はあくまでも赤ちゃんと心得て、周囲の人はそれに合わせるのがベストです。

購入ではなくレンタルもおすすめ

購入ではなくレンタルもおすすめ

せっかくだから、お宮参りはきちんとした服装で臨みたい……。でも着用する機会が限られているものを購入するのはちょっと……。

こんな思いを抱く方には、購入ではなくレンタルを検討するのがおすすめです。特に和装の場合、お宮参り用の衣装を貸し出してくれるお店は多数あります。購入するよりも料金が手ごろで、今の赤ちゃんに一番似合う衣装を選択できるでしょう。

また赤ちゃん向けの衣装をレンタルするお店の多くは、パパやママ向けのレンタル衣装にも対応してくれます。「家族そろって和装で参拝したい」と思うときでも、きっと助けになってくれることでしょう。

レンタルで気慣れない着物を着用することに不安がある場合には、写真館での撮影のみを、和装で行う方法がおすすめです。美しく着飾った状態を、プロの手で一生の記念に残してもらい、実際のお宮参りはもう少しラフな格好で出かけてみてください。服装についてあれこれと気を揉む必要がないので、リラックスしてお出かけできるのではないでしょうか。

この場合、着物の貸し出しから着付け、ヘアセットまで、すべてプロの手にお任せできるというメリットがあります。家族全員を、美しい状態に仕上げてくれることでしょう。

レンタル衣装を使い、当日自分で着付けをするのであれば、やはり最低限の知識は身につけておきたいところです。事前に着付け教室に通っておけば、着付けの技術は格段に向上します。いざという場面で慌てることもなく、安心してお宮参りに出かけられることでしょう。

お宮参りは、生後1カ月頃に行われる行事です。産後は何かとバタバタすることを考えると、妊娠前の余裕のある時期に、将来を見据えて着付け教室に通っておくのも良いかもしれませんね。

和装を着用する際の注意点は?

和装を着用する際の注意点は?

洋装で行う方も増えているとはいえ、やはり「お宮参りといえば和装!」というイメージを抱く方も多いのではないでしょうか。神社に和装姿の赤ちゃんがいれば、自然と注目を集めるものです。祝福ムードの中で、和やかな時間を過ごすことができそうですね。

とはいえ、赤ちゃんに和装を着用させる場合には、やはりそれなりの注意点が存在しています。忘れないようにチェックしておきましょう。

まず赤ちゃんは、体温調整が苦手です。暑い日に分厚い着物を着せておくと、機嫌が悪くなるのはもちろんですが、熱中症になってしまう可能性もあります。夏用の風通しの良い祝着を用意することも大切ですし、天候や時間帯によっては、「和装は写真撮影のみ」と割り切ることも必要でしょう。

反対に冬の場合には、温かさが足りないことで赤ちゃんが冷えてしまう可能性があります。こちらにおいても、赤ちゃんの負担にならないよう注意しながら、温度調節できるよう工夫を凝らしてみてください。

ママが着物でお宮参りに行く場合には、赤ちゃんのお世話や授乳がしやすいことが最優先となります。着物を着る機会をできるだけ増やしておくことで、赤ちゃんのお世話の際に手間取ることも少なくなるでしょう。

また授乳についてですが、着物の世界に授乳服というものは存在しません。もともと着物は、脇部分から授乳できる仕組みになっているためです。とはいえ、着物の下の肌着の脇が開くようになっていなければ、実際に授乳することは不可能になってしまいます。こちらの準備も整えておくと安心です。

着物で授乳や赤ちゃんのお世話をする自信がない……という場合には、お宮参りのタイミングを赤ちゃんに合わせ、できるだけ短時間で切り上げるのがおすすめです。自分自身で着付けられるようになっておけば、赤ちゃんに授乳を終えたタイミングで、さっと着付けを行い、そのままお宮参りに出かけることもできるでしょう。着付けは、身につけておいて損はない技術だと言えます。

お宮参りの服装は、赤ちゃん第一に決定を

出産後の生活は、出産前とは一変してバタバタするものです。お宮参りについても、まだまだママや赤ちゃんのリズムが安定しない中で行われるケースも少なくありません。大変な時期の行事だからこそ、赤ちゃんやママの体調を最優先に考えて、当日の衣装を決定してみてください。

和装姿に憧れの気持ちを抱いている場合には、自分自身で着付けの技術を磨いておくのがおすすめです。自分で着付けられるというだけでも、お宮参りの準備の手間は、各段に軽減できることでしょう。若いうちから着付けを習っておけば、自然と着物を着用する機会も増えていくはずです。

赤ちゃんにとって、お宮参りは一生に一度の特別なイベントです。せっかくのイベントを特別な思い出にするためにも、衣装は重要なポイントとなります。今回紹介した情報も参考にしながら、赤ちゃんや周囲の大人の衣装を決定してみてください。

TOPへ戻る

一から学べる無料体験講座。花京都きもの学院

東京の教室人気ランキング
渋谷・恵比寿の教室人気ランキング
新宿の教室人気ランキング
池袋の教室人気ランキング
上野・お茶の水の教室人気ランキング
銀座・新橋の教室人気ランキング
品川の教室人気ランキング

着付け教室に関する基礎知識

着付け教室の選び方

掲載教室一覧