着物を綺麗に着こなすための着付けのコツ

昨今は、着付け教室に通い、自分自身で和服を着て楽しもうとする方も増えてきています。自分で着付けられるようになれば、自分の好きなタイミングで着物を着ることができます。ちょっとしたお出かけなどでも、和服を楽しむ機会が増えそうですね。
とはいえ実際に日常生活の中で着付けをしようと思うと、思い通りにならないことも多いはず。特に最初の頃には、「どうしてこうなってしまうんだろう……」と悩んでしまうケースもあるのかもしれませんね。

こんなときには、ぜひ今回紹介する「着付けのコツ」を実践してみてください。より自信を持って、和装の世界を楽しめるようになるでしょう。

おはしょりの整え方

おはしょりの整え方

まずはおはしょりの整え方についてです。帯の下にちらりと覗くおはしょりは、「きれいに整えるのが難しい」「いつもなんとなくモコモコになってしまう……」なんて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
おはしょりの整え方の基本は「脇の下にある身八ツ口から手を入れて、整える」という方法です。このときのコツは、指先を下にして真っすぐ下へおろして整えるということ。こうすることで、おはしょりが崩れるのを防いでくれます。

胸の下あたりで紐を結んだら、その後に斜めになっているおはしょりを、まっすぐになるよう揃えていきます。おはしょりの位置を決めたら、伊達締めをすることで崩れにくくなりますよ。

自分の身長よりも大きめサイズの着物を着用する場合

おはしょりには、長い丈を調整して着られるというメリットもあります。本来の自分のサイズよりも大きめサイズの着物であっても、おはしょり部分で短めに調整することで、引きずることなく美しく着物を着用することができるのです。
とはいえ、ここで発生しがちなのが、「着丈を調整しようとするとおはしょりが長くなりすぎて、なんとなく野暮ったくなってしまう」というお悩みなのです。
一般的な着付けでは、おはしょりの長さは7センチ~10センチ程度が美しいとされています。もちろんおはしょりの目立つ部分には、「しわが出ないように」と配慮することも大切なポイントとなります。

おはしょりで裾の長さを合わせることだけを考えていると、おはしょりの長さはこの「理想の長さ」よりもずいぶんと長くなってしまうことがあるでしょう。
この場合は、紐をもう一本結び、不要な部分のおはしょりを、紐の上に出す方法をとるのがオススメです。余分なおはしょりが紐の上でモコモコしてしまいますが、この部分は帯で隠れてしまうので問題はありません。帯を美しく締めるため、体型補整を行う方も少なくありませんが、この「余分なおはしょり」が、体形補正のサポートをしてくれる可能性もあります。

「見える部分のみを美しく仕上げよう」と思うと、難易度はぐっと下がります。

便利アイテムを活用するのもオススメ

おはしょりを美しく整えたいときには、専用の便利アイテムを活用するのもオススメです。おはしょりの中に差し込んで使う、「芯」のようなアイテムは、手軽に使えることから人気があります。
おはしょりの作り方に慣れていない時期だけでも取り入れてみることで、和装の着こなしに自信を持てるようになるでしょう。

サイズの合わせ方

サイズの合わせ方

次は、サイズの合わせ方についてです。「着物は着付けの段階で調整できるため、サイズはフリーでOK」と考える方も多いですが、実はこれが、着付けを難しくしているポイントなのかもしれません。自身の体型に合った着物を用意するだけで、着付けを楽に、そして美しく整えることができるでしょう。

着物のサイズの合わせ方でチェックするポイントは、身幅、身丈、裄の3つです。
身幅とは、腰回りのもっとも出ている部分を言います。自分の体型に合わせた身幅の着物を選ぶことで、着物を着たときに動きやすくなりますし、着崩れにくくなる効果も期待できるでしょう。
身丈とは、着物全体の「長さ」のことを言います。女性の着物の場合、自身の身長よりも長いスタイルが一般的です。これはおはしょりを作るためですが、おはしょりが長くなりすぎても格好悪くなってしまいます。着丈におはしょり部分をプラスすると身丈を求めることができますから、事前に計測しておきましょう。

さきほど「おはしょりの整え方」も紹介しましたが、ピッタリサイズの着物を選べば、最初から悩む必要もありません。
最後の一つ、裄とは、着物の背縫いから袖口の長さのことを指しています。ここが合っていないときも、着物を格好よく着こなすことが難しくなってしまいます。事前にチェックし、自身の体型に合うものを探してみてください。

帯の結び方

帯の結び方

着付けのコツ、最後は帯の結び方についてです。初心者向けの比較的簡単な帯からデビューするのがオススメですが、それだけでは「ほかの結び方がなかなか上達しない」なんてことにもなりかねません。あらゆる場面で着物を着用したいと考えるのであれば、汎用性の高い結び方を確実にマスターしておくのがオススメです。
少し難易度が上がりますが、どのような場面でも活躍してくれるのが「お太鼓結び」です。お太鼓結びをマスターするためには、何度も帯を締めて練習することが最大のコツとなります。この練習の場面では、ぜひ「中古の帯」を使用してみてください。

長い歴史の中で使いこまれてきた中古の帯は、柔らかく、手に馴染みやすいという特徴があります。帯の締め方のコツをマスターしたいときには、非常に扱いやすいと言えるでしょう。また「中古で安価に購入したもの」と思えば、折りジワなどを気にする必要はありません。思う存分練習を重ねることこそが、上手になるためのコツと言えるでしょう。

教室で習ったけれどマスターできなかった場合には?

着付け教室で着付けを学ぶ方も増えていますが、学べる期間・内容については、限りがあるケースも多いものです。特に「初心者向けコース」だけで着付け教室に通うのをストップした場合、「帯の結び方を一度習ったはずだけど……細かなポイントを忘れてしまった!」なんてケースも少なくありません。「帯が結べない」となれば、着物を着ての外出は難しくなってしまいます。「せっかく着付けを習ったのに……」なんて、後悔するポイントにもなってしまいそうですね。
しかしこのような場合でも、諦める必要はありません。近年は、初心者向けの帯の結び方を動画で詳しく解説するものが人気を集めています。こうした動画を参考にしながら、自身で練習を積んでみると良いでしょう。

この方法は、もちろん着付け教室に通っている最中にも効果を発揮してくれます。この場合、教室で学んだばかりの知識を元に自主練を重ね、その上でわからないことがあれば、次回の教室で担当講師に直接質問することができます。よりスピーディーに、帯の結び方をマスターしていけるはずです。

着付けをマスターするための最大のコツは、とにかく「着る」こと

今回は、着付けに興味を抱いている人が、より一層着物の世界を楽しむためのコツについて紹介してきました。「上手に着付けをしたい」という気持ちでいる方も、決して少なくないことでしょう。
着物姿を美しく見せるためにコツはいくつもありますが、どんなコツよりももっとも効果が高いのは、「とにかく何度も着物を着てみる」ということです。ちょっとしたお出かけでも、ぜひ着物を着て楽しんでみてください。

最初の頃は、もしかしたらお出かけ中に着崩れてしまったり、トラブルに見舞われてしまったりするようなこともあるかもしれません。しかしこうした経験が、着付け技術の向上に結び付いていくことになります。着物を着る機会が増えれば増えるほど、着付けは上手になっていくのです。
「初心者だからどうしても不安」という場合には、ぜひ着付け仲間同士でのお出かけを企画してみてください。同じ目的を持つ仲間同士であれば、お互いの気になる点をチェックすることができます。何らかのトラブルが起きたときでも、自分一人で焦る必要はありません。みんなでお互いにサポートすることができるでしょう。

今回紹介した「おはしょり」「サイズ」「帯」のコツも頭に入れた上で、ぜひ着付け回数を増やしてみてくださいね。

TOPへ戻る

一から学べる無料体験講座。花京都きもの学院

東京の教室人気ランキング
渋谷・恵比寿の教室人気ランキング
新宿の教室人気ランキング
池袋の教室人気ランキング
上野・お茶の水の教室人気ランキング
銀座・新橋の教室人気ランキング
品川の教室人気ランキング

着付け教室に関する基礎知識

着付け教室の選び方

掲載教室一覧