無料の着付け教室が無料なワケ

着付け教室に通いたい!と思ったときには、まず「どんな教室があるのだろう」とリサーチする方も多いことでしょう。その教室で学べる着付け内容が充実していることも大切ですが、やはり気になるのが「受講料」や「レッスン料」についてですよね。

できれば安くてお得な教室を探したい!というときに、気になるのが「無料の着付け教室」です。大々的に宣伝されている様子を見て「本当に無料ならばうれしいけれど……何か裏があるような気がする」なんて感じている方も多いのではないでしょうか。これが原因で一歩踏み出せないとしたら、もったいないことですよね。

無料の着付け教室は、なぜ無料で運営されているのでしょうか。教室運営の仕組みと共に、お金が発生するタイミング、無料の教室を選ぶのであれば、知っておくべき注意点についてまとめます。教室選びの参考にしてみてください。

無料はあくまでお試しが多い

無料はあくまでお試しが多い

インターネットで「着付け教室 無料」と検索してみると、驚くほど多くの教室がヒットします。実は着付け教室において、「無料」というキーワードは決して珍しいものではありません。

しかし「何がどこまで無料なのか」という点については、教室ごとに違いがあるので注意が必要です。

生徒に着付けを教えることで儲けを出している教室では、生徒さんに受講料を支払ってもらわないことには、成り立ちません。ではなぜ「無料」をうたうのかというと、それはズバリ「より多くの生徒を勧誘するため」と考えて良いでしょう。

初めて着付け教室に通う方の場合、以下のような不安を抱きがちです。

・着付け教室って、いったいどんな雰囲気なのだろう
・自分でもレッスンについていけるかどうか
・有料の講座を選んで、本当に続けていけるのだろうか

こうした不安は、最初の一歩を踏み出す際の「足枷」になってしまうもの。着付け教室側も、それはよく理解しています。初心者の方の不安を解消するためには、「まずは実際のレッスンを体験してもらう」のが一番です。このために、無料のレッスンを用意しているというわけですね。

またもちろん、過去に着付け教室に通った経験がある方にとっても、この無料体験には意味があります。

・以前の着付け教室との違い
・講師の質の高さ

経験者ならではのポイントで、学びたい教室を選ぶことができるでしょう。

教室を知ってもらうための無料レッスンは、教室によって回数が異なるという特徴があります。1回から2回のレッスンを無料としているところが多いですが、中には「初級講座無料」なんて、太っ腹に思える教室も存在しています。

ただし「無料レッスンだけ」で着付けに関するすべての知識を授けていては、着付け教室の運営は不可能になってしまいます。無料レッスンは、あくまでも有料の本レッスンへと誘うためのきっかけという位置づけです。

無料レッスンを受けたあとに、本レッスンへの勧誘があるケースも少なくありませんが、あまり強引に勧誘するような教室は、避けた方が無難です。実際に無料レッスンを受けた方の口コミも参考にして、決定すると良いでしょう。

販売仲介を行っていることが多い

販売仲介を行っていることが多い

無料で着付け教室を開講している業者の中には、「お試し」目的で無料にしているわけではないところも存在しています。こうした業者は、「受講料で儲ける」という仕組みを採用していません。

「着付けを教える」というのは、あくまでも「和服の世界に興味を持ってもらうためのきっかけ」となります。着付けを習って和服に興味を抱いた方に、着物や帯、小物などを販売し、そこから利益を得て会社を運営しています。

着物や帯の単価は、決して低いとは言えません。自分で着付けられず、あまり興味がない物に対して、多額の費用を投じてくれる人など、まずいないでしょう。着付けを習って、欲しい物ができたときに、それを提供してくれる業者があるというのは、両者にとってメリットのある関係性だと言えます。

販売仲介を行っている業者も意外と多くありますが、儲けのしくみを知らないまま「無料だから」とレッスンを受けると、トラブルの元になってしまいます。全く購入するつもりがないにも関わらず、強引なセールスを行い、半ば強制的に着物や帯などを買わせる業者も存在しています。

「着物や帯などの購入をオススメされるものの、決して無理強いはされない」程度のレベルであれば、安心して受講できます。どの程度のセールスなのか、こちらも事前にインターネット上で口コミをチェックしておくと良いでしょう。

ボランティアで教えている教室もある

ボランティアで教えている教室もある

無料で着付け教室を開講できる仕組み、最後の一つは「純粋な意味でのボランティア」です。こちらは、着付けを教えることでお金を儲けようとしているわけではありませんから、もちろん受講料は無料となります。

着付けは、日本文化を感じさせる習い事の中でも、人気メニューの一つです。自治体が行う無料講座などでも、着付けコースが開催されるケースは決して珍しくはありません。

とはいえこうしたボランティアの着付け教室は、「いつでも定期的に生徒を募集している」というわけではありません。通える講座を見つけるためには、ある程度運も必要となるでしょう。

また、レッスンの内容や時間を自由にコントロールするのは難しいです。自分が満足いくレベルまで教えてもらえないうちにレッスンが終了してしまったり、レッスン時間が限定されていたり……。着付けを学ぶために、自分の方があれこれと調整しなければいけません。

また自治体が主催している無料講座などの場合、非常に競争率が高いことも予想されます。完全ボランティアで運営されている着付け教室の数はまだまだ少なく、応募者が殺到することも考えられるのです。定員よりもはるかに多くの希望人数が集まった場合にどうなるのか、事前にチェックしておきましょう。

またボランティアで運営されている教室であっても、「着物や帯は自分の所有物を持ち込む」「会場代・冷暖房費・管理費などの雑費がかかる」といったことも考えられます。「受講料が無料」だからといって、着付けを学ぶために必要な費用が、全て無料とは限りません。「ボランティアの教室だから」とすぐに飛びつくのではなく、「どこからどこまでが無料なのか」を事前にしっかりと確認してみてください。

無料の着付け教室は、「なぜ無料なのか」にまで目を向けて選ぼう

着付けを学ぶ際に、「できるだけコストを安くしたい」と思うのは、当然のことかもしれません。しかし受講料無料に釣られ、きちんとリサーチしなかったことが原因で、思わぬトラブルに巻き込まれてしまう方がいるのも事実です。「無料だから」と安易に決定するのではなく、「なぜ無料で教室を運営できているのか」という点にまで目を向けて、教室選びを実践してみてください。

基本的に「全てが無料」という教室は、非常に数が少ないです。「無料」をうたう着付け教室のほとんどでは、「レッスンを進めていく段階のどこかで、料金が発生する可能性がある」と考えて良いでしょう。だからこそ、「自分が目標とするレベルまで学ぼうと思ったときに、どれだけの費用がかかるのか」を想定して、総合的にお得だと思える教室を選ぶことが大切です。

もちろん無料の着付け教室には、たくさんのメリットがあります。「初級講座無料」の教室を選択すれば、「本当に自分が着付けに向いているのかどうか」という点を、レッスンを通じてじっくりと見極めることができるでしょう。その後中級講座に進みたいのかどうか、実際のレッスンの中でゆっくりと検討することができます。

また着物や帯の販売を仲介するタイプの教室であっても、「受講料を支払うお金で、好みの着物や帯を購入できた!」と考えれば、非常に大きなメリットとなります。お気に入りのアイテムを身につけて、着付けのスキルアップに対するモチベーションも、より一層アップさせられそうですね。

本当に通いたい着付け教室を選ぶためには、どの程度費用がかかるのかは、欠かせない比較ポイントとなります。「無料」という言葉に注目しながらも、それだけに踊らされないように注意しながら、しっかりと比較検討してみてください。

TOPへ戻る

一から学べる無料体験講座。花京都きもの学院

東京の教室人気ランキング
渋谷・恵比寿の教室人気ランキング
新宿の教室人気ランキング
池袋の教室人気ランキング
上野・お茶の水の教室人気ランキング
銀座・新橋の教室人気ランキング
品川の教室人気ランキング

着付け教室に関する基礎知識

着付け教室の選び方

掲載教室一覧