着付け教室を探すなら……注意したい3つのポイント

世代を問わず、近年注目度が高まっている習い事の一つに「着付け教室」があります。

美しい伝統的な和服の世界に憧れつつも、「敷居が高い」と感じる方は多いことでしょう。しかし近年、各種イベントやお出かけの際に気軽に楽しむ方も増えており、「自分で着られるようになれば、より一層着用機会を増やせる!」という思いで、教室に通う方も増えているのです。

さて、せっかく着付け教室へと通うなら、前向きな気持ちをきちんとした「着付け技術」へと変えていきたいところです。そのためには、教室選びの段階で失敗しないことが何よりも大切。着付け教室を選ぶ際の注意点を、3つ紹介します。

続けやすい条件かどうか

続けやすい条件かどうか

着付け教室を選ぶ際の注意点、1つ目は「自分にとって通いやすい条件である」ということです。着付けの技術は、たった数回通った程度で簡単に身につくものではありません。

教えられた知識や技術をきちんと理解し、また自身の腕で再現するためには、何度も通って繰り返し練習する必要があるでしょう。

着付け教室に通う際には、「仕事をしながら」「家事や子育ての合間の時間を使って」など、自分なりの制限があるケースも少なくありません。継続して通いにくい教室を選んでしまうと、続けることが困難になってしまう可能性も高いです。

どのような着付け教室が通いやすいのかは、人によって異なりますから、「自分にとってはどうなのか」をしっかりと検討する必要があります。

通いやすさに直結するポイントとしては、以下のような点がありますから、教室を決定する前にしっかりと確認しておきましょう。

  • ・料金(無理なく支払える範囲であること)
  • ・教室の場所(自宅や会社、普段使う駅の近くなどが便利)
  • ・教室開講時間(通える時間に講座が開講されていること)

どんなに優れた着付け教室であっても、料金を支払うのが大変な場合、続けることは難しくなってしまいます。講座を受けるために必要な料金はもちろん、レッスンで必要なものを購入・レンタルするための費用や、入会金・年会費・検定料などにまで目を向けて、しっかりとリサーチしておきましょう。

また、遠く離れた場所にある教室に通うことは、やはり大変です。仕事や育児で忙しくなると、通えなくなってしまうことも考えられます。また習い事以外の活動への影響も大きくなってしまいます。自分だけではなく、家族への影響も考え、教室に通うことを断念してしまうようなケースも少なくありません。

また講座が開講されている時間帯は、教室によっても異なっています。「仕事の後に学びたい」という場合には、夜の講座が多い教室の方が良いですし、「家事の合間に通いたい」という場合には、午前中から午後の早い時間までに通えると便利です。平日は難しい……という場合には、土日にも教室が開講されているところを選択すると良いでしょう。自分との相性を見極めて選んでみてください。

最後に、どれだけ「通いやすい教室」を選んでも、自身の都合や体調によっては、休まざるを得ないこともあるでしょう。このようなときでも、授業の振替システムを採用している教室であれば、受講費用を無駄にすることはありません。

仕事や家庭の都合でスケジュールの調整が難しくなってしまった場合でも、そのほかの授業で学び続けられるでしょう。

自分が身につけたい技術が学べるか

自分が身につけたい技術が学べるか

着付け教室は、近年注目度が高まっている教室ですが、実はその内容は、教室ごとにかなり異なっていることをご存知ですか? どの教室を選んでも「着付け」を学べるということに間違いはありませんが、細かな点で違いはあります。そしてその違いによっては、「本当に自分が学びたい内容は、これではなかった!」なんてトラブルが起きる可能性もあるのです。

よく言われるのが、「自装」をメインに学びたいのか、それとも「他装」をメインに学びたいのか、という点です。教室によっては、「自装」を学ぶことはできるけれど「他装」は授業として扱っていない、というケースも珍しくありません。「他装」を学びたい方にとっては、検討違いのレッスン内容になってしまうでしょう。

また特殊な器具を使った結び方から学ぶ着付け教室の場合、「自宅で、自分で着付けようと思ったものの、専用器具がないために無理だった」なんてこともあるのです。

着付けに関する技術やレッスン内容は実にさまざまで、教室によって、考え方に違いもあります。

ある教室では「足袋の履き方」や「下着の意味」など、和服の基礎からしっかりと身につけることを基本理念としていますし、また別の教室では「とにかく最短で、一人で着物を着られるようになること」をテーマにして、レッスンを積み重ねていくこともあります。

着付け教室を選ぶときには、自分がどのような技術をどのように身につけていきたいのかについて、事前にハッキリさせておきましょう。自身の目標をしっかりと見定めることで、自然と「自分に合う教室」も見えてくるはずです。

教室に通い始めたあと、ギャップを感じて悩むようなこともありません。

無料体験教室が開かれているか

無料体験教室が開かれているか

着付け教室選びで失敗しないための最後のポイントは、「無料体験教室」についてです。無料体験教室では、それぞれの着付け教室の特徴や個性を、自身の目や耳、肌で感じられるというメリットがあります。

着付け教室の雰囲気は、講師や一緒に学ぶ仲間によっても大きく変わってきます。長く続けていくためには、自分にとって「居心地が良い」と感じられる空間を選ぶことが大切なのです。

無料体験教室は、無料でそれを体験できる絶好の機会です。また、どんな流れで着付けを学んでいくのか、本格的なレッスンがスタートする前に知ることもできるでしょう。

さて、こうした無料体験教室は、ほとんどの着付け教室で開講されています。ホームページなどに記載がない場合でも、問い合わせることで受け入れてもらえる可能性もありますから、ぜひ確認してみてください。

どの教室でも大体用意されている無料体験レッスンですが、その内容については、教室それぞれの個性が出やすいポイントとなっています。

ある教室では「無料体験をする人」だけを集めて、専用のクラスを用意して授業を行いますし、別の教室では「普段の教室に体験者も混ぜてもらう」という形をとるところもあります。

「普段の着付け教室」の雰囲気を知るためには、「普段開講されているクラスに参加させてもらう」というスタイルが一番です。講師と教室に通う方の距離感や、レッスン中の雰囲気もそのまま感じとることができるでしょう。

一方で、無料体験をする人のみのクラスが用意されている場合、初めて着付けを学ぶ人向けの内容で、講座が開かれる可能性も高いです。「これから先レッスンがスタートしたら、まずどんなことを学ぶのか」というイメージをつかみやすいというメリットがあります。

いずれにしても、無料体験教室では、教室全体の雰囲気や講師との相性を、自身で確かめることができます。「いいな」と思える教室を選ぶ一方で、「何かが違う」と感じたときには、また別の教室の体験クラスに参加してみるのも良いでしょう。自分にとってベストな教室を選ぶためのヒントとして、活用してみてください。

自分に合った着付け教室でのびのびと学びましょう

着付け教室は、継続することで確かな技術を身につけられる、人気の習い事の一つです。しかし自分自身が「楽しい」と思える空間でなければ、続けることは難しくなってしまうでしょう。

だからこそ、「どの着付け教室を選ぶのか」という最初の一歩が、非常に重要なポイントとなります。

今回紹介した「着付け教室選びで失敗しないための3つのポイント」は、着付けに関する技術がなくても、チェックしやすいポイントばかりです。もしわからないことがあれば、自分自身でリサーチするほか、積極的に教室側に問い合わせてみてください。そのときの業者側の対応方法をチェックしてみることも、着付け教室の雰囲気をつかむ上で、重要な手掛かりとなってくれることでしょう。

TOPへ戻る

一から学べる無料体験講座。花京都きもの学院

東京の教室人気ランキング
渋谷・恵比寿の教室人気ランキング
新宿の教室人気ランキング
池袋の教室人気ランキング
上野・お茶の水の教室人気ランキング
銀座・新橋の教室人気ランキング
品川の教室人気ランキング

着付け教室に関する基礎知識

着付け教室の選び方

掲載教室一覧